テン・オブ・ザ・ベスト

10人の名トランペッターが贈る、驚嘆のミラクル・ステージ!

 これ以上華麗なクリスマス・ステージはない! 「テン・オブ・ザ・ベスト」は、「10人のミラクル・トランぺッター」の名で親しまれてきた、まさに“奇跡”のアンサンブル。1991年、ドイツのピッコロ・トランぺットの達人オットー・ザウターによって結成され、「クラシック、ジャズ、ポップスを、優れたアレンジと洗練されたクロスオーヴァー感覚で演奏する」を旨に世界中の聴衆を魅了している。最大の魅力は、トランペット10人が合体した、輝かしさや鋭さも、まろやかさや清澄な美しさも“10乗”となる驚異のサウンド。5種類のトランペットを駆使する上に、ピアノ等のリズム・セクションが加わるので音楽的にも愉しく、グラミー賞受賞者を含むアレンジャー陣の編曲も興味を倍加させる。今回も、欧米&日本の8ヵ国から、著名オケの首席奏者、ジャズ奏者、ソリスト等の名手が参加。超定番クリスマス・ソングから、クラシックや映画音楽まで、多彩な名曲を届けてくれる。12月は“トランペットのワールド・チーム”の妙演に浸ろう!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年11月号から)

12/10(木)19:00 すみだトリフォニーホール
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]