パスカル・ドゥヴァイヨン & 村田理夏子(ピアノデュオ)

ハンガリーをテーマに2台ピアノの醍醐味を


 2006年から活動を開始し、来年結成10周年を迎えるパスカル・ドゥヴァイヨンと村田理夏子のデュオは、まさに“現在”(いま)が聴き頃だ。ここ数年間、拠点のベルリンで開催した全公演が満席になるなど、大きな注目を集めている。4月に4年ぶりに行われる日本公演のタイトルは、「洪牙利(ハンガリ)の魂」。これは今年没後70周年のバルトークを記念した企画だそうだ。
「バルトークの『2台ピアノと打楽器のためのソナタ』を取り上げます。このソナタは、ピアノ・デュオというレパートリーの中で最も美しい作品だと思います。色彩感が非常に豊かな上、心地よくて聴きやすい素晴らしい曲。ただ、演奏家がそれを的確に表現するのは非常に難しい」(ドゥヴァイヨン)
 ティンパニ、シロフォン、シンバル、トライアングルなど、多くの打楽器を用いた打楽器パートには2人の若手日本人、大澤香奈江と小島快を起用。
「2人とも桐朋学園の出身で、現在はパーカッションアンサンブルグループ『打BLITZ!』の一員として活躍中の実力派。ドゥヴァイヨンが桐朋の特任教授をしている縁で知り合いました。先日、初めて一緒にこの作品を合わせたのですが、授業で1年間しっかり勉強してきたそうで、細部まで知り尽くしていたので共演が楽しみです」(村田)
 この大曲の前後に演奏するのも、やはりハンガリーにゆかりのある作品。シューベルト「ハンガリー風ディヴェルティメント」と、ブラームス「2台ピアノのためのソナタ」だ。
「『ディヴェルティメント』は、シューベルトがハンガリーのエステルハージ伯爵家の2人の娘にピアノを教えていた頃に作曲した連弾曲。作曲者がこの地で感銘を受けた瑞々しいインスピレーションにあふれています。そしてブラームスのソナタは、傑作として名高いピアノ五重奏曲の基になった作品。彼の音楽は全ジャンルが“交響的”ですね。その管弦楽的な色彩をいかに引き出すかが面白さですし、大きな課題でもあります」(ドゥヴァイヨン)
 結成10周年を見据え、「レパートリーをさらに拡げていきたい」と語る2人。具体的な展望として、ラフマニノフのピアノ・デュオ全作品、ベートーヴェン交響曲の2台ピアノ版など、実に魅力的な作品が多数並んでいる。そのライヴが、日本のファンの前で一日も早く実現することを心から祈りたい。
取材・文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年3月号から)

パスカル・ドゥヴァイヨン&村田理夏子ピアノデュオ・リサイタル
『洪牙利(ハンガリ)の魂』
4/4(土)18:30 東京文化会館(小)
問:コンサートイマジン03-3235-3777 
http://www.concert.co.jp

他公演(プログラムは異なります)
3/14(土) 熊本市健軍文化ホール 問:日本ピアノ教育連盟九州南部支部096-380-0268
3/21(土・祝) 藤沢リラホール 問:0466-22-2721
4/12(日)宗次ホール 問:052-265-1718
4/13(月) 神戸女学院大学音楽学部音楽館ホール 問:0798-51-8550

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]