Tag Archive for 齋藤秀雄メモリアル基金賞

伊藤悠貴(チェロ)

ラフマニノフの音楽の中に自分自身を感じます  伊藤悠貴は、日本人離れしたチェリストだ。1989年に生まれ、15歳からロンドンで暮らす彼は、英国王立音楽大学を首席で卒業し、2010年ブラームス国際コンクールで優勝。11年にフィルハーモニア管の定期でデビュー後は内外で活躍し、指揮活動も行っている。今年2月5日には、第17回…

伊藤悠貴が第17回 齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞

 第17回 齋藤秀雄メモリアル基金賞の受賞者が決定し、チェロ部門に伊藤悠貴が選ばれた。  同賞は、チェリスト・指揮者・教育者であった故・齋藤秀雄に因み、財団法人ソニー音楽芸術振興会(現・公益財団法人ソニー音楽財団)が2002年に創設。音楽文化の発展に貢献し、将来いっそうの活躍が期待される、若手チェリスト、指揮者に贈られ…

川瀬賢太郎、上森祥平が『第14回 齋藤秀雄メモリアル基金賞』を受賞〜小澤征爾さんが祝福

 『第14回 齋藤秀雄メモリアル基金賞』の受賞者が決定し、3月1日、都内で贈賞式が行われた。チェリスト・上森祥平と指揮者の川瀬賢太郎が受賞した。  贈賞式には、受賞者の上森、川瀬、選考委員の小澤征爾と堤剛らが出席した。 (Photo:T.Shiroma/TokyoMDE)  『齋藤秀雄メモリアル基金賞』は、チェリスト・…

大友 肇(チェロ)&クァルテット・エクセルシオのメンバーに聞く

大友肇というチェリストの名前は、常に「クァルテット・エクセルシオ」という弦楽四重奏団と共にある(と言ってもいいだろう)。室内楽奏者としての人生を歩み、現在は音楽活動全体の90%以上を、エクセルシオのメンバーとして過ごすという。それゆえ東京・春・音楽祭で聴けるソロ(無伴奏)およびピアノとのデュオは貴重だ。  2014年度…

大友 肇(チェロ)&クァルテット・エクセルシオのメンバーに聞く

 大友肇というチェリストの名前は、常に「クァルテット・エクセルシオ」という弦楽四重奏団と共にある(と言ってもいいだろう)。室内楽奏者としての人生を歩み、現在は音楽活動全体の90%以上を、エクセルシオのメンバーとして過ごすという。それゆえ東京・春・音楽祭で聴けるソロ(無伴奏)およびピアノとのデュオは貴重だ。  2014年…

第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞に、チェリストの辻本玲さんと指揮者の三ツ橋敬子さん

第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞に、チェリストの辻本玲さんと指揮者の三ツ橋敬子さんが選ばれた。10月22日、東京・銀座で贈賞式が行われた。 「齋藤秀雄メモリアル基金賞」は、チェリスト・指揮者・教育者として高名な故・齋藤秀雄(1902-1974)氏に因み、「基金により若手チェリスト、指揮者の発掘、育成を目的とした顕彰制度…