Tag Archive for 小曽根真

アンドレア・バッティストーニ(指揮)

 近年、活躍が目立つ若手イタリア人指揮者の中でも、演奏会に録音にテレビにと、際立った活躍を見せるアンドレア・バッティストーニ。東京フィルハーモニー交響楽団との初共演は、2012年の東京二期会オペラ《ナブッコ》。以来、相思相愛の仲となった東京フィルとは共演を重ねるごとに関係も深まり、昨年10月には首席指揮者に就任したこと…

東京フィルハーモニー交響楽団 2017/18シーズンの聴きどころ

3人の指揮者が牽引する意欲的なプログラミング  2016年10月より新体制がスタートした東京フィルハーモニー交響楽団。来期2017/18シーズンのプログラム(17年5月〜18年3月)が発表されたが、同団にポストを持つ指揮者たちとの共演で固め、より掘り下げた演奏を追求する。  首席指揮者のアンドレア・バッティストーニはオ…

小曽根 真 & ゴンサロ・ルバルカバ “Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団

キューバの至宝ピアニストと“空前絶後”の共演  どうやら彼にとって今年は“2台ピアノの年”であるようだ。5月に行われたチック・コリアとのデュオ・ツアーも記憶に新しい小曽根真が、今度は「“Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団」で、キューバの至宝ピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバと共演する。  幼…

小曽根 真(ピアノ)

チック・コリアとのデュオ・ツアーは20年越しの夢でした  こんな陳腐で月並みな言い回しは使いたくないのだが、しかしあえて言ってしまおう。これはもう、一つの事件である! なにしろ、チック・コリアと小曽根真―現代最高のジャズ・ピアニストと呼んでも過言ではない2人が、約1ヵ月にわたって初のデュオ・ツアーを敢行するのだから。 …

秋山和慶(指揮) 東京交響楽団

リズミックで躍動感溢れる名作を集めて  2015年2月の公演で指揮者生活50周年を祝った秋山和慶だが、正確なタクトさばきはそのままに、最近は趣味や好み(鉄道もの企画など)をストレートに反映させたプログラミングで聴き手を楽しませてくれている。『リズムは踊る』と題した東京交響楽団との1月定期も聴きどころ満載だ。ジャズやライ…

日比谷公会堂でショスタコーヴィチ交響曲演奏会を開催

 昭和4年に開設され86年の歴史を持つ日比谷公会堂が、耐震化等に伴う大規模改修の工事に着手するため、平成28年3月末から一時休館する。休館前、日比谷公会堂主催の最後のイベントとして2016年2月13日(土)、平成19年に行われた「日露友好 ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト2007」の再現となる「ショスタコー…

エル・システマ・フェスティバル2015 in TOKYO テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

「エル・システマ」からの衝撃が再び!  ベネズエラ発祥の青少年音楽教育システム「エル・システマ」が生んだオーケストラといえば、グスターボ・ドゥダメルとシモン・ボリバル・ユース・オーケストラの名前がまっさきに思い出されるが、今回初来日するテレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ(TCYO)もそのひとつ。…

静岡音楽館AOI 開館20周年記念コンサート・シリーズ 第1期 より

オペラからジャズまで多彩なラインナップ  未来を見据えた静岡の音楽文化を担う場所として、1995年に開館した静岡音楽館AOI。現在は作曲家でピアニストの野平一郎を芸術監督に迎えて、若手や地元出身の音楽家の登用、現代の作品や静岡ならではのプログラミングを通じ、地元の文化の発展に寄与している。そんなAOIが、今年で開館20…

Music Weeks in TOKYO 2014 小曽根真(ピアノ)&アルトゥーロ・サンドヴァル(トランペット)

ジャズアップしたショスタコーヴィチとラヴェル!?  東京文化発信プロジェクトの一環として、音楽文化の活性化、創造力の向上を目指し、様々な事業を一体的に展開する音楽フェスティバル『Music Weeks in TOKYO 2014』。5年目を迎える今年のメイン公演には、前回に引き続き小曽根真が登場する。  今回、小曽根の…

ピアニストの小菅優、小曽根真が芸術選奨を受賞

 平成25年度(第64回)芸術選奨の贈呈式が19日、東京都内で行われた。  ジャズピアニストでクラシック音楽にも活発に取り組む小曽根真が文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を、ピアニストの小菅優が文部科学大臣新人賞(音楽部門)を受賞した。  小曽根真にとって平成25年は日本人初の米CBSデビューから30年。師でもあるゲイリー…