小曽根 真 & スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ

 ピアニストの小曽根真をホストに、世界の一流ジャズマンをゲストに迎え、ジャズとクラシックの刺激的な邂逅を演出する「Jazz meets Classic」。今年はそのゲストにはじめてビッグバンドが登場する。
 そのビッグバンドとは、スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ。名前のとおりスコットランド出身のプレイヤーを中心に組織されたオーケストラで、創設者でリーダーのトミー・スミスは、1980年代、小曽根がゲイリー・バートンのグループに在籍していた時の同僚。ここ数年は、モーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジュノム」(小曽根編曲のジャズ版)での共演など意欲的なコラボレーションを通してふたたび親交を深めている。

 プログラムも興味深い。これまでこのシリーズで選ばれるのは、ショスタコーヴィチやプロコフィエフ、バルトークなどの難曲大曲が常だったが、一転、今回は子ども向け、教育目的に演奏される機会が多いサン=サーンス「動物の謝肉祭」とプロコフィエフ「ピーターと狼」が取り上げられるのだ。とはいえ、前者は小曽根の、後者はスミスの編曲によるものだから、それがスリリングなジャズ・テイストを多分にはらんだものになることはまちがいなし。さらに後者では、名優、橋爪功がナレーションをつとめるというから、これは演劇ファンも見逃せまい。進化を止めることなく新たな感動を創造し続ける「Jazz meets Classic」。期待は膨らむばかりだ。
文:藤本史昭
(ぶらあぼ2019年3月号より)

Music Program TOKYO Jazz meets Classic
小曽根 真 & スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ
2019.5/18(土)17:00 東京文化会館 
5/19(日)15:00 オリンパスホール八王子
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]