小曽根 真 & スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ

 ピアニストの小曽根真をホストに、世界の一流ジャズマンをゲストに迎え、ジャズとクラシックの刺激的な邂逅を演出する「Jazz meets Classic」。今年はそのゲストにはじめてビッグバンドが登場する。
 そのビッグバンドとは、スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ。名前のとおりスコットランド出身のプレイヤーを中心に組織されたオーケストラで、創設者でリーダーのトミー・スミスは、1980年代、小曽根がゲイリー・バートンのグループに在籍していた時の同僚。ここ数年は、モーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジュノム」(小曽根編曲のジャズ版)での共演など意欲的なコラボレーションを通してふたたび親交を深めている。

 プログラムも興味深い。これまでこのシリーズで選ばれるのは、ショスタコーヴィチやプロコフィエフ、バルトークなどの難曲大曲が常だったが、一転、今回は子ども向け、教育目的に演奏される機会が多いサン=サーンス「動物の謝肉祭」とプロコフィエフ「ピーターと狼」が取り上げられるのだ。とはいえ、前者は小曽根の、後者はスミスの編曲によるものだから、それがスリリングなジャズ・テイストを多分にはらんだものになることはまちがいなし。さらに後者では、名優、橋爪功がナレーションをつとめるというから、これは演劇ファンも見逃せまい。進化を止めることなく新たな感動を創造し続ける「Jazz meets Classic」。期待は膨らむばかりだ。
文:藤本史昭
(ぶらあぼ2019年3月号より)

Music Program TOKYO Jazz meets Classic
小曽根 真 & スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ
2019.5/18(土)17:00 東京文化会館 
5/19(日)15:00 オリンパスホール八王子
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]