Music Program TOKYO “Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団 小曽根 真(ピアノ) & ピーター・アースキン(パーカッション)

共鳴しあうバーンスタインと熱いジャズ・サウンド


 小曽根真をホストに、ジャズとクラシックの垣根を超えた“音楽”の刺激と感動を聴き手にもたらしてくれる『“Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団』が今年も開催される。このコンサートでは毎年海外から一流ジャズ・ミュージシャンを招くのが恒例となっているが、今年のゲストはピーター・アースキン。希代のジャズ・グループ「ウェザー・リポート」への参加を皮切りに、現在に至るまでシーンのトップに君臨し続けるレジェンダリー・ドラマーの登場である。
 そのアースキンとともに今回小曽根がチャレンジするのは、元祖“Jazz meets Classic”ともいえるレナード・バーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」。独奏ピアノがフィーチャーされると同時に大規模な打楽器セクションが重要な役割を果たす、まさに2人の共演にふさわしい作品だ。ジャズ・ミュージシャンだからこそのパフォーマンスが、リオ・クオクマン率いる都響とどのようなケミストリーを引き起こし、この傑作にどんな新しい生命を吹き込むのか…音楽ファンならこの希有な機会を見逃すわけにはいくまい。
 一方第2部は、ポーランド出身のベーシスト、ダレク・オレスを加えたトリオによるセッション。演奏曲は当日のお楽しみということだが、フレッシュかつスリリングなステージになることはまちがいなし。ジャズの醍醐味である即興とインタープレイ、そしてそこから生まれるジョイを存分に享受したい。
文:藤本史昭
(ぶらあぼ2017年10月号から)

2017.10/14(土)17:00 東京文化会館 
10/15(日)15:00 オリンパスホール八王子
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]