Music Program TOKYO “Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団 小曽根 真(ピアノ) & ピーター・アースキン(パーカッション)

共鳴しあうバーンスタインと熱いジャズ・サウンド


 小曽根真をホストに、ジャズとクラシックの垣根を超えた“音楽”の刺激と感動を聴き手にもたらしてくれる『“Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団』が今年も開催される。このコンサートでは毎年海外から一流ジャズ・ミュージシャンを招くのが恒例となっているが、今年のゲストはピーター・アースキン。希代のジャズ・グループ「ウェザー・リポート」への参加を皮切りに、現在に至るまでシーンのトップに君臨し続けるレジェンダリー・ドラマーの登場である。
 そのアースキンとともに今回小曽根がチャレンジするのは、元祖“Jazz meets Classic”ともいえるレナード・バーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」。独奏ピアノがフィーチャーされると同時に大規模な打楽器セクションが重要な役割を果たす、まさに2人の共演にふさわしい作品だ。ジャズ・ミュージシャンだからこそのパフォーマンスが、リオ・クオクマン率いる都響とどのようなケミストリーを引き起こし、この傑作にどんな新しい生命を吹き込むのか…音楽ファンならこの希有な機会を見逃すわけにはいくまい。
 一方第2部は、ポーランド出身のベーシスト、ダレク・オレスを加えたトリオによるセッション。演奏曲は当日のお楽しみということだが、フレッシュかつスリリングなステージになることはまちがいなし。ジャズの醍醐味である即興とインタープレイ、そしてそこから生まれるジョイを存分に享受したい。
文:藤本史昭
(ぶらあぼ2017年10月号から)

2017.10/14(土)17:00 東京文化会館 
10/15(日)15:00 オリンパスホール八王子
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]