Tag Archive for 三舩優子

アーティストメッセージ(47)~三舩優子(ピアノ)

 映画の中でしか観たことがなかったようなことが、現実に起こるとは。  地球上すべての人に訪れた恐慌。今まであった普通のことが、普通じゃなくなる。  こういう時には、ひとりひとりの価値観や、生き方が試されている気がします。  この事態は、個人から世界レベルに至る、様々なことへのリセット、Re-birthなのではないでしょ…

【CD】OBSESSION Ⅱ/三舩優子&堀越彰

 クラシックとジャズ、それぞれの分野で名を馳せるピアニストとドラム&パーカッショニストによる新感覚ユニットのCD第2弾。今回も溢れる高揚感と疾走感とで更に綿密なアンサンブルが楽しめる多様な10曲。ファリャの「ナナ(子守歌)」や2014年の結成当初からの定番作品である「火祭りの踊り」で安らかに幕を開け、ラヴェル「道化師の…

Hakuju 東日本大震災 チャリティコンサート

被災地に想いを寄せるアーティストたちが今年も集結  各地に深刻な爪痕を残した東日本大震災からまもなく9年になるが、今なお仮設住宅などで不自由な生活を強いられている人がいることを忘れてはならない。被災地に支店を持つ白寿生科学研究所も「東北復興支援プロジェクト・被災地支援チーム」を組織して、今日まで継続的な支援を続けてきた…

アフタヌーン・コンサート・シリーズ 2020-2021 前期

彩り豊かな音楽を味わう、平日午後のひととき  「夜のコンサートには行けないけれど一流の演奏を聴きたい」「ランチの後、素敵な音楽で心も満たしたい」といった要望に応える企画が次々に登場している中、大手クラシック音楽マネジメントのジャパン・アーツが、所属する音楽家の中から選りすぐったメンバーをそろえ、ゆったりとした時間をプレ…

HAKUJU 東日本大震災 チャリティコンサート

 2011年の東日本大震災以来「東北復興支援プロジェクト・被災地支援チーム」を組織して、避難施設への自社健康機器の貸し出しや本社ビル1階でのチャリティロビーコンサートなど、継続的な支援を続けてきた白寿生科学研究所。19年も3月11日に福島県相馬市「学校法人みどり幼稚園」を支援する(チケット収益、会場設置の募金箱へ寄せら…

長谷川陽子(チェロ)

楽都・仙台にクラシック音楽が溢れる3日間!  仙台の街が音楽一色に染まる3日間。「せんくら」の愛称で親しまれている仙台クラシックフェスティバルが9月28日〜30日に開催される。今年で13回目を迎える「せんくら」に1回目から参加しているチェリスト、長谷川陽子にその魅力を聞いた。 「ありがたいことに“皆勤賞”です。本当に素…

HAKUJU 東日本大震災 チャリティコンサート

音楽のチカラで被災地への支援を続ける  この3月で、あの震災から7年を迎える。当時は多くの音楽家が「音楽をする意味」について自らに問いかけ、その後数々のチャリティコンサートが行われた時期にも、音楽家は様々な想いや現実的な課題と向き合い続けたという。そういった時期を乗り越え、現在でも継続しているチャリティ公演のひとつが、…

川久保賜紀(ヴァイオリン)

名手たちが集結して繰り広げる“中身の濃い”3日間  今年で12回目の開催を迎える仙台クラシックフェスティバル(せんくら)。その第4回(2009年)から毎回参加し、今度が9度目の参加となる川久保賜紀は「せんくら」の魅力をこう語る。 「すばらしい演奏家が仙台にぎゅっと集まり、あちこちのホールで朝から夜までいろいろなコンサー…

福田進一(ギター)& 三舩優子(ピアノ)

豪華ゲストと奏でるラテン音楽のリズムと熱気  ギター音楽に特化したユニークな都心の音楽祭として、今年12回目を迎える『Hakuju ギター・フェスタ』。荘村清志と福田進一がプロデューサーを務め、毎回テーマや出演ギタリスト、委嘱作品などが話題となるのだが、今年はギター曲の宝庫であるラテンアメリカに焦点が当てられる。多彩な…

三舩優子(ピアノ) × 堀越 彰(ドラム) OBSESSION CD発売記念コンサート

ピアノとドラムとで拓く未知の領域  ピアノとドラム。ありそうでなかった組み合わせのユニットが、クラシック音楽界に新風を巻き起こす。ユニット名はOBSESSION、“取り憑かれる”ことを意味する。ピアノは国内外での活躍が目覚ましい三舩優子、ドラムは1990年に「山下洋輔ニュートリオ」でデビュー以来、精力的に活動を続ける堀…