Tag Archive for ヴィオラ・ダ・ガンバ

【CD】Les Monologues(レ・モノローグ) 無伴奏チェロと無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための作品集/島根朋史

 バロック・チェロとヴィオラ・ダ・ガンバ。同様に座って両足で楽器を挟むため、その弾き分けは容易に思えて、調弦や弓の運び、何よりも音楽創りの思想が全く異なり、実は非常に難しい。しかし、東京藝大・同大学院やフランスに学び、2つの楽器とモダンを操る“三刀流”の俊英・島根朋史は、あえてこの課題に挑む。17世紀フランスの謎多き鬼…

【CD】王のパヴァーヌ/平尾雅子

 古楽の演奏には、技術や資料研究だけでなく、想像力も不可欠。その点で、日本人にとっては、鎖国前の時代にキリスト教と共に伝来し、鳴り響いたであろう、後期ルネサンス音楽は特に魅力的。では、織田信長の御前演奏があったとしたら、どんな音の宴が繰り広げられたのか。ヴィオラ・ダ・ガンバの第一人者、平尾雅子の構成のもと、国際的に活躍…

ジョルディ・サヴァール(ヴィオール) & エスペリオンⅩⅩⅠ

即興と舞曲の愉悦──レジェンドが紡ぐスペイン黄金世紀の音楽  ヴィオラ・ダ・ガンバ(ヴィオール)の名手にして、その復権の立役者であり、古楽ムーヴメントの興隆にも大きな役割を果たしてきた、スペインの鬼才ジョルディ・サヴァール。自らのアンサンブル「エスペリオンⅩⅩⅠ」を率いて来日し、ルネサンスからバロックにかけて全ヨーロッ…

なんでもあーりーミュージック vol.2 洋の東西ふえ、こと、ゆみ

古楽器と和楽器が織り成すダイナミックなステージ  古楽をテーマに掲げつつ、先入観にとらわれることなく時代や地域を超えた音楽的なコラボレートを試みる、横須賀芸術劇場のシリーズ『なんでもあーりーミュージック』。第2回では、シルクロードの東西の終着点である、ヨーロッパと日本の笛や箏、弓に焦点を当てる。ヨーロッパの古楽は、シリ…