【GPレポート】グランドオペラ共同制作《カルメン》加藤のぞみ組

 明日10月19日、神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2019《カルメン》が開幕する。国内3劇場・4団体のグランドオペラ共同制作。演出は田尾下哲。
 《カルメン》と言えば、深紅のドレス、赤い薔薇、闘牛士・・・そのような強烈なイメージを解き放つ新たなカルメン像を問いかける、チャレンジングな舞台だ。
 本公演を前に17日に行われた加藤のぞみ組のゲネプロ(最終総稽古)を取材した。
(2019.10/17 神奈川県民ホール 取材・撮影:寺司正彦)
*稽古のため、照明、衣裳、その他細かい演出が本番と異なります。

 田尾下は《カルメン》の舞台を“アメリカのショービジネスの世界”に置き換える。物語は、まだまったく無名の“女優”カルメンがバーレスクのクラブのオーディションを受けるシーンから始まる。
 オーディションに合格したカルメンは、バーレスクのクラブで花形的存在に。ドン・ホセの上司であるスニガは、表の顔はニューヨーク市警でありながら、裏でショービズ界を牛耳っている。生真面目な警官のホセと、ミュージカルスターの卵であるミカエラ。

 スニガに見出されたカルメンは、ブロードウェイのスターとなり、ハリウッド映画界の大物スターでプロデューサーでもあるエスカミーリョと出会う。しかし、ホセとの密会がスニガの逆鱗にふれ、ショービズ界から追放されてしまう。
 場末のサーカスに流れ着いたカルメンだが、エスカミーリョによりまたも拾われ、チャンスを活かし再び脚光を浴びる。銀幕のスターへと上り詰めたカルメンは、レッド・カーペットの上を歩く・・・。

 ミュージカルの演出も多く手がける田尾下らしく、バーレスクのシーンはミュージカル『NINE』や『シカゴ』の雰囲気で、黒を基調としたヴィジュアル。ブロードウェイのシーンは映画『ムーラン・ルージュ』の雰囲気で、サーカスのシーンは世界制覇を成し遂げる前のシルク・ド・ソレイユ、と細かく設定。オリジナルの台詞を生かしたオペラ・コミック版だから、オペラファンはもちろん、これまでオペラになじみのなかったミュージカルファンや映画ファンも楽しめる舞台だ。

 終幕、新恋人となったエスカミーリョの晴れ舞台を見にやってきたカルメンは、元カレのホセと言い合いになり、ホセからもらった指輪を投げ返す。「原作のメリメの小説にもありますが、恋人と会おうとする場に、元カレの指輪をしてくるものなのか?」と疑問を呈する田尾下が「投げつけられた指輪の行方もていねいに描いている」と語るように、「指輪」には驚きの解釈がなされているからぜひ注目したい。

【第1幕】




【第2幕】



【第3幕】






【第4幕】

【関連記事】
グランドオペラ共同制作《カルメン》記者懇談会
スペインを拠点に活躍する期待のメゾが満を持して望む「一番歌いたかった役」
〜加藤のぞみ(メゾソプラノ)インタビュー(ぶらあぼ2019年8月号より)

【Information】
グランドオペラ共同制作《カルメン》

指揮:ジャン・レイサム=ケーニック(神奈川・愛知) エリアス・グランディ(札幌)
演出:田尾下 哲
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団(神奈川)、名古屋フィルハーモニー交響楽団(愛知)、札幌交響楽団(札幌)
合唱:二期会合唱団(全公演)、愛知県芸術劇場合唱団(愛知)、札幌文化芸術劇場カルメン合唱団(札幌) 他

出演
カルメン:加藤のぞみ(10/19、11/2、1/25)、アグンダ・クラエワ(10/20、11/3、1/26)
ドン・ホセ:福井 敬(10/19、11/2、1/25)、城 宏憲(10/20、11/3、1/26)
エスカミーリョ:今井俊輔(10/19、11/2、1/25)、与那城 敬(10/20、11/3、1/26)
ミカエラ:髙橋絵理(10/19、11/2、1/25)、嘉目真木子 他(10/20、11/3、1/26)

上演予定時間:3時間15分(第1幕・第2幕:90分、第3幕:40分、第4幕:20分、休憩2回)

【神奈川公演】
2019.10/19(土)、10/20(日)各日14:00 神奈川県民ホール
問:チケットかながわ0570-015-415 
https://www.kanagawa-kenminhall.com/

【愛知公演】
2019.11/2(土)、11/3(日・祝)各日14:00 愛知県芸術劇場
問:愛知芸術文化センタープレイガイド052-972-0430 
https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/

【札幌公演】
2020.1/25(土)、1/26(日)各日14:00 札幌文化芸術劇場 hitaru 
問:道新プレイガイド0570-00-3871 
https://www.sapporo-community-plaza.jp/

特設ウェブサイト
https://www.kanagawa-kenminhall.com/aichi-sapporo-carmen/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]