【舞台稽古レポート】英国ロイヤル・オペラ《ファウスト》

 9月12日、英国ロイヤル・オペラ2019年日本公演がグノーのオペラ《ファウスト》で開幕する。公演に先立ち9日、舞台稽古の一部が公開された。
(2019.9/9 東京文化会館  取材・文・写真:寺司正彦)
※リハーサルのため、衣裳、照明、その他、本番と異なります。

スタッフとの打ち合わせに余念の無いダルカンジェロ

 ゲーテの『ファウスト』は多くの作曲家を魅了し、古くはベートーヴェンやシューベルトが歌曲に取り入れ、ベルリオーズは劇的物語《ファウストの劫罰》を作曲した。そして、ベルリオーズを契機にシューマンは《ファウストからの情景》を、リストはファウスト交響曲を書き、マーラーは交響曲第8番「千人の交響曲」第2部に使用した。

 ベルリオーズの系譜に連なるフランスの大作曲家グノーのオペラは、当時最も成功を収めた作品で、ファウストの歌うアリア〈この清らかな住まい〉やマルグリートのアリア〈宝石の歌〉、メフィストフェレスの〈金の子牛の歌〉など聴きどころは多い。

 この日、稽古見学できたのは第4幕、第5幕のみだったため、それら直に耳にすることはできなかったが、なかでも、パヴァロッティの再来とも言われ、「私が何年もかけて獲得したテクニックはいま、上等な樽で熟成した上質のワインのような状態にあります」(La Valse by ぶらあぼ掲載 連載『いま聴いておきたい歌手たち』第7回 ヴィットリオ・グリゴーロより)と語るヴィットリオ・グリゴーロの甘美な歌声は人々を魅了するだろう。

 そして特筆すべきは、第5幕「ワルプルギスの夜」でのバレエシーン。『ジゼル』を思わせるバレエが踊られるなか、お腹の大きいバレリーナ(妊婦マルグリート)が現れ、マルグリートが嘲り虐められるシーンは、ここでバレエが踊られる必然性をも感じさせるデイヴィッド・マクヴィカーの天才的演出で、いまや、オペラ《ファウスト》の目玉ともなっている。そしてそれは、「さすがロイヤル!」と唸らされるレベルの高さと豪華さだ。
 圧巻の第2幕「キャバレー〈地獄〉」とともにバレエにもぜひ注目したい。

【第4幕】

レイチェル・ウィリス=ソレンセン(マルグリート)、イルデブランド・ダルカンジェロ(メフィストフェレス)


左:ヴィットリオ・グリゴーロ(ファウスト)
右:イルデブランド・ダルカンジェロ(メフィストフェレス)

【第5幕】



左より:イルデブランド・ダルカンジェロ(メフィストフェレス)、ヴィットリオ・グリゴーロ(ファウスト)、レイチェル・ウィリス=ソレンセン(マルグリート)

【関連記事】
【会見レポート】英国ロイヤル・オペラ日本公演まもなく開幕!
メフィストフェレスという悪魔は常に優雅でなければいけない
 〜イルデブランド・ダルカンジェロ(バスバリトン) インタビュー

英国ロイヤル・オペラ2019年日本公演
《ファウスト》
2019.9/12(木)18:30、9/15(日)15:00、9/18(水)15:00 東京文化会館
9/22(日)15:00 神奈川県民ホール
《オテロ》
2019.9/14(土)、9/16(月・祝)各日15:00 神奈川県民ホール
9/21(土)、9/23(月・祝)各日16:30 東京文化会館
問:NBSチケットセンター03-3791-8888 
https://www.nbs.or.jp/stages/2019/roh/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]