第17回東京音楽コンクール本選結果

 8月22日から26日にかけて、東京音楽コンクールの本選が東京文化会館で開催され、各部門の入賞者が決定した。今年は、木管、ピアノ、声楽部門が実施された。

【木管部門】
第1位:瀧本実里(フルート)
第2位:八木瑛子(フルート)
第3位および聴衆賞:亀居優斗(クラリネット)
入選:佐藤京香(オーボエ)、清水伶(フルート)

【ピアノ部門】
第1位および聴衆賞:秋山紗穂
第2位:北村明日人
第3位:伊舟城歩生
入選:大崎由貴

【声楽部門】
第1位:該当者なし
第2位および聴衆賞:工藤和真(テノール)
第3位:井出壮志朗 (バリトン)
入選:小川栞奈 (ソプラノ)、前川健生(テノール)、竹下裕美 (ソプラノ)

 各部門の優勝者と最高位入賞者は、来年1月13日に東京文化会館で開催される「第17回東京音楽コンクール優勝者&最高位入賞者コンサート」に出演する。共演は三ツ橋敬子指揮の東京フィルハーモニー交響楽団。

東京音楽コンクール
https://www.t-bunka.jp/tmc/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]