伊藤 恵(ピアノ)

円熟の時を迎え、今ベートーヴェンの後期ソナタと向き合う

©大杉隼平

 20年かけてシューマンのピアノ曲全曲を弾き、さらにそのあと約10年間シューベルトに取り組んできた伊藤恵が、現在あらためて向き合っているのがベートーヴェンのピアノ・ソナタだ。CDのリリースと並行して、昨年からベートーヴェンを中心とする年1回のリサイタル・シリーズ「春をはこぶコンサート ふたたび」(全8回)を始動。4月、シリーズ第2回は、「ピアノ・ソナタ第30番 op.109」と、「第32番 op.111」の後期ソナタ2曲が軸となる。
「ベートーヴェンが亡くなった年齢を超えて、ようやくベートーヴェンを弾くことが許されるかなと思ってスタートしました。私も人生の秋から冬をどう過ごすかということは大きな課題。今回は、いままでできなかったことに挑戦したいと思い、人前で弾くのはほぼ初めてのop.111を選びました」

 このベートーヴェン最後のソナタを、愛と優しさだと語る。
「第2楽章の静かな美しさ。不屈の人だと思い込んでいたベートーヴェンの『諦念』を、初めて感じています。『もうこれでいいんだ』という諦めと、すべてを受け入れる愛。弾いている私にも『それでいいんだよ』と肯定してくれる優しさがある。生きていくことの大変さを受け入れる勇気をくれる音楽です」

 対照的に、op.109は18歳の頃から何度も弾いてきた。
「面白いことに、長い間弾いている作品を、現在の自分の新しい解釈にするのは難しいんですね。過去をまったく否定してしまうのもちょっと残念だけれど、いや、でも本当にそれでいいのか? という迷いと葛藤。自分との戦いですね。直観的な若い感性と、もっと深い表現のための感性とを、両方持っていくというのは、なかなか大変なことです」

 年齢と経験を重ね、その両方を考えることができる現在の伊藤だからこその、深く変化に富んだ表現が紡がれるはずだ。
 そのベートーヴェンと組み合わせたのは「音楽が大好きだった父が常に口ずさんでいた、個人的に特別な曲」というブラームスの「3つの間奏曲 op.117」。ライフワークとする作曲家シューマンの〈予言の鳥〉(森の情景)は、「現代のピアノ、未来の音を予言したかのようなベートーヴェン」へのオマージュでもある。そして「まるでドイツ音楽。精神的で、娯楽性のかけらもない。ベートーヴェンと対峙するのと似た感覚」と敬愛する細川俊夫の小品「エチュードⅥ -歌、リート-」。
 音楽の性格的な調和はもちろん、変ホ長調のブラームスからハ短調のop.111まで、調性の移ろいも加味した、巧みなプログラムだ。
取材・文:宮本 明
(ぶらあぼ2019年4月号より)

伊藤 恵 ピアノ・リサイタル
春をはこぶコンサート ふたたび 「ベートーヴェンの作品を中心に」Vol.2
2019.4/29(月・祝)14:00 紀尾井ホール
問:カジモト・イープラス0570-06-9960 
http://www.kajimotomusic.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]