【CD】市川高嶺 ピアノ・リサイタル ―ライヴ イン 東京2018―

 桐朋学園大学、同大学研究科を終了後、パリ・エコール・ノルマル音楽院で研鑽を積んだ市川高嶺。本盤は、ソロはもちろん室内楽でも幅広く活躍する彼女が昨年の8月に東京文化会館で行ったリサイタルのライヴ録音となっている。バッハやシューマン、ドビュッシーなどバラエティに富む選曲で、市川の多彩なピアニズムが存分に味わえる。フランスで学んだ彼女の煌びやかな音色によるドビュッシーが魅力的なのはもちろんだが、特にシューマンの「幻想曲ハ長調」の音色や色とりどりの歌いまわしが印象的。バッハやベートーヴェンでの構築力の高さにも注目してほしい。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『市川高嶺 ピアノ・リサイタル ―ライヴ イン 東京2018―』

J.S.バッハ:パルティータ第1番/ショパン:ポロネーズ第7番「幻想」/ドビュッシー:仮面、喜びの島/ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲/シューマン:幻想曲、トロイメライ

市川高嶺 (ピアノ)

収録:2018年8月、東京文化会館(小)(ライヴ)
ナミ・レコード
WWCC-7890-1(2枚組) ¥3500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]