デニス・ラッセル・デイヴィス(指揮) 読売日本交響楽団

名匠とトップアーティストによる超・独創的なプログラム


 2013年の「第九」で読響と初共演、その後オペラも含めて客演を重ねてきたデニス・ラッセル・デイヴィスが11月に再登場する。ひねったプログラムの定期演奏会に注目だ。
 昨年亡くなった桂冠名誉指揮者スクロヴァチェフスキは作曲家でもあった。代表作の一つ「ミュージック・アット・ナイト」を冒頭に置き、厳しくも温かかったマエストロを偲ぶ。暗い情念が燃え上がる夜想で、パリに出て本格的に作曲を学び始めた直後、1940年代後半の作だが、指揮者として経験を積んでから77年に改訂されている。
 続いてモーツァルト「フルートとハープのための協奏曲」。ベルリン・フィルの首席奏者として人気・実力ともに長らくフルート界の頂点に立つエマニュエル・パユが、同じくベルリン・フィルの首席を務めるハーピスト、マリー=ピエール・ラングラメと共演する。ともにフランス出身という同郷のよしみ、ゴージャスでエレガントなモーツァルトとなろう。現代曲の狭間に可憐な花を咲かせるはずだ。
 40年代から50年代にかけてハリウッドで制作されたフィルム・ノワールは、時代の暗部を映し出した一連の犯罪映画を指すが、ジョン・アダムズ「シティ・ノワール」はこれにインスピレーションを受けている。重苦しい心理ドラマやつかの間の休息が、逃走劇のような息詰まるエンディングへとなだれ込む。ビッグ・バンド風の響き、サックスやトロンボーンの長いソロが、時代の音楽アイコンとして彩りを加える。フィルム・ノワールの世界観の核心をとらえた一大音絵巻を、たっぷりとした読響サウンドで体感できる贅沢!
文:江藤光紀

第583回 定期演奏会 11/28(水)19:00 サントリーホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390 
http://yomikyo.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]