東京オペラシティ B→C 浜野与志男(ピアノ)

ソ連時代の作曲家を独自にクローズアップ

©Shigeto Imura

©Shigeto Imura

 「バッハからコンテンポラリーへ」をテーマに、若手奏者が独自の感性に基づくプログラムを演奏する人気シリーズ『B→C』。その2月公演に、浜野与志男が登場。日本人の父とロシア人の母を持つ彼にとってロシアものは心に近い存在だといい、バロック時代の作品にソ連時代の作曲家を組み合わせたプログラムを披露する。
 バッハとスカルラッティの間には、エストニアの作曲家ペルトの小品「アリーナのために」を挟む。そして、シチェドリンが、妻であるプリセツカヤのために書き上げたバレエ音楽「アンナ・カレーニナ」の中からプレトニョフ編曲版の2つの小品、近年注目度が増しているシルヴェストロフのピアノ・ソナタ第3番、そしてタタール共和国出身の女性作曲家グバイドゥーリナによる「シャコンヌ」を選曲。併せて浜野の友人だという網守将平の作品から、「破壊力にソヴィエト音楽との共通点を感じる」という「M7ATION / Ver.13」を取り上げる。浜野がその生い立ちの中で培った感性を発揮する一夜となりそうだ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ 2017年2月号から)

2/21(火)19:00
東京オペラシティ リサイタルホール
問:東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999
http://www.operacity.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]