マリインスキー・オペラ日本公演レポートvol.4〜《エフゲニー・オネーギン》京都公演より「手紙のアリア」

8日にロームシアター京都で開幕した、マリインスキー・オペラ日本公演《エフゲニー・オネーギン》より、第1幕、タチヤーナの「手紙の場」を動画でご紹介。

オネーギンに一目惚れしたタチヤーナは、一晩悩んだ末、その初恋の想いを手紙にしたためる決意をします。
タチヤーナのこの手紙のアリア(タチヤーナ:マリア・バヤンキナ)は、《オネーギン》のなかでも最も美しく有名なシーンです。
(2016.10.8 ロームシアター京都 Photo&Movie:M.Terashi/TokyoMDE)

■マリインスキー・オペラ
ワレリー・ゲルギエフ(指揮) マリインスキー歌劇場管弦楽団&合唱団

《エフゲニー・オネーギン》
10月8日(土)14:00 ロームシアター京都
10月15日(土)12:00、10月16日(日)14:00 東京文化会館

問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040
マリインスキー・オペラ 来日公演2016公式HP
http://www.japanarts.co.jp/m_opera2016

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]