ロームシアター京都の館長に演出家の三浦基が就任

 ロームシアター京都は、現館長の平竹耕三(京都市文化市民局参事)が退任し、2020年4月1日付で演出家の三浦基が新館長に就任すると発表した。任期は2年。

 三浦は、桐朋学園芸術短期大学演劇科・専攻科卒業。京都を拠点に活動している劇団「地点」を率い、利賀演出家コンクールをはじめ、文化庁芸術祭新人賞、京都市芸術新人賞などを受賞。12年には、ロンドン・グローブ座からの招聘でシェイクスピア作『コリオレイナス』を上演するなど、海外でも評価が高い。ロームシアター京都オープニング事業のオペラ《フィデリオ》や、京都芸術センター10周年記念『式典』の演出も手がけている。

ロームシアター京都
https://rohmtheatrekyoto.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]