オペラ《ソラリス Solaris》〜藤倉大が初のオペラをパリで世界初演、勅使川原三郎が演出

 作曲家の藤倉大がポーランドの作家スタニスワフ・レムのSF小説『ソラリスの陽のもとに』をもとに作曲した自身初のオペラ《ソラリス Solaris》が3月5日、パリ・シャンゼリゼ劇場で世界初演された。シャンゼリゼ劇場、リール・オペラ座、ローザンヌ歌劇場 共同委嘱作品。演奏はアンサンブル・アンテルコンタンポランとIRCAMの電子音楽によるライヴ・エレクトロニクス。指揮はエリック・ニールセン。藤倉自らもエレクトロニクスの演奏に加わった。
 演出は世界的ダンサー・振付家の勅使川原三郎。勅使川原はそのほかにリブレット、舞台美術、振付、照明、衣装を担当、自らもダンサーとして出演。KARASの佐東利穂子、元パリ・オペラ座バレエのエトワール ニコラ・ル・リッシュらが共演した。《ソラリス》は7日にもシャンゼリゼ劇場で上演、続いて3月24、26、28日にリール歌劇場で、4月24、26日にはスイス・ローザンヌ歌劇場で上演される。

 世界初演を終えた藤倉からWEBぶらあぼに、次のようなコメントが寄せられた。

 製作に何年もかかったオペラ《ソラリス》ですが、今回、世界初演をパリのシャンゼリゼ劇場で終えました。3週間に渡る練習が毎日この劇場で行われました。
 僕もエレクトロニクスのミックスを本番で演奏するため、毎日練習に参加していましたが、この劇場はストラヴィンスキーの「春の祭典」やドビュッシーの「遊戯」なども世界初演された場所なので、ストラヴィンスキーやドビュッシーもおそらく自分の世界初演を前にして緊張していたのかなあ、なんて想像しながら初演の日に向けて過ごしていました。

 本番は全てが上手くいき、2日目の本番では1日目と結構テンポもフレージングも違い、それはまた素晴らしい演奏でした。全てが生である(エレクトロニクスも含め)オペラならではだなあ、と思いながら僕も聴き、見入っていました。

 毎日、監督の勅使川原三郎さんやニコラ・ル・リッシュさんを含め、ダンサー達との練習を見るのは本当にこの上ない幸せ、なんと贅沢なことなのでしょう。

 この世界初演で僕は多くを学びました。早く二作目のオペラに取り掛かりたいなあと思っています。

なお、原作となったレムの『ソラリスの陽のもとに』は、早川書房創立70周年記念作品として4月8日、早川文庫から発売予定。
ハヤカワ文庫 SF『ソラリス』
スタニスワフ・レム著/沼野充義訳 早川書房
1,080 円(税込) ISBN 9784150120009 【2015年4月8日刊行予定】

写真はすべて、2015年3月5日、シャンゼリゼ劇場での《ソラリス》世界初演から
(C)Vincent Pontet Permission from Théâtre des Champs-Elysées
16586860388_501f616bb3_os

藤倉 大
http://www.daifujikura.com
勅使川原三郎/KARAS
http://www.st-karas.com
リール歌劇場
http://www.opera-lille.fr/
ローザンヌ歌劇場 
http://www.opera-lausanne.ch/

(c) Milena Mihaylova

(c) Milena Mihaylova

■藤倉大
1977年生まれ。15歳からロンドンに在住しジョージ・ベンジャミンらに師事。1998年のセロツキ国際作曲コンクール優勝をはじめ、ヒンデミット賞、ギガ・ヘルツ賞特別賞、尾高賞などを受賞している。近年の委嘱作品として、英フィルハーモニア管と名古屋フィルとの共同委嘱によるピアノ協奏曲、読売日響委嘱作品、IRCAMとのヴィオラ独奏と電子音楽のための作品(以上2009年)、シカゴ響の委嘱によるブーレーズの85歳を記念した作品(2010年)などがある。2011年2月、ドゥメダルに献呈した作品が世界初演。契約している出版社はロンドンのリコルディ社。TBS 系「情熱大陸」でも注目を集めた。2014年4月に名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスに就任。

■関連記事および公演
●NHK交響楽団 第63回「尾高賞」に藤倉大の作品

Music Tomorrow 2015
6/23(火)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
指揮:パスカル・ロフェ
サクソフォン:須川展也
管弦楽:NHK交響楽団 

ジョン・アダムズ/サクソフォン協奏曲(2013)[日本初演]
藤倉 大/インフィニット・ストリング(2014)
[NHK交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、アンサンブル・レゾナンツ共同委嘱作品・日本初演]
藤倉 大/Rare Gravity(2013)[第63回尾高賞受賞曲]

NHK交響楽団 http://www.nhkso.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]