Tag Archive for Hakuju Hall

原田英代 ピアノ・リサイタル 第3回〈変容〉

作曲家と作品に込められた真実に迫る  ジュネーヴ国際コンクール最高位、シューベルト国際ピアノコンクール優勝など、輝かしい受賞歴を誇り、ドイツを拠点に欧州で活躍を続けるピアニストの原田英代。“本物”のロシア・ピアニズムを伝える伝説的指導者、ヴィクトール・メルジャーノフの薫陶を受けた彼女はロシア音楽の正当な継承者であると同…

第36回 ワンダフル one アワー クリスティーネ・ショルンスハイム(チェンバロ) & 古部賢一(オーボエ) デュオ・リサイタル

日独デュオによるバッハ父子の傑作  ドイツ古楽界を牽引してきた歴史的鍵盤楽器の名手、クリスティーネ・ショルンスハイム。そして、日本を代表するオーボエの達人、古部賢一。休憩なしの1時間、名演奏家たちが濃密な響きの時間を届けてくれる人気シリーズ「ワンダフル one アワー」に、互いに気心の知れた二人の名手が登場し、バッハ父…

ロベルタ・マメリ(ソプラノ) バロック & 近代歌曲コレクション

バロックとラテン系の佳品を絹布の声で愉しむ  心を射抜くような清冽さと、絹布を思わせる柔らかさ。変幻自在な声の魔力で、世界中の聴衆を虜にしているイタリアの人気ソプラノ、ロベルタ・マメリ。名手・つのだたかしがつま弾く、リュートやギターの彩り豊かな音色を伴って、バロックや近現代の名旋律を歌い尽くす。  ファビオ・ビオンディ…

福田進一(ギター)& 松本美和子(ソプラノ)

名手たちに愛されるホールで繰り広げられる華麗なる祝宴  現在は屈指の室内楽ホールとして知られるようになったHakujuホール。2003年10月、渋谷や原宿の街からも近く、目の前には代々木公園の緑が広がるという東京都心の富ヶ谷で産声を上げた。しかも当時はまだ珍しかった300席というサイズの室内楽・リサイタルホールであり、…

小山由美 メゾソプラノ リサイタル

世界で活躍するメゾが歌う20世紀の傑作歌曲  ドイツ・シュトゥットガルト在住、ヨーロッパや日本国内の第一線で活躍するメゾソプラノ小山由美が、Hakuju Hallでリサイタルを開催する。小山は2016年に同ホールの「ワンダフル one アワー」シリーズに登場、「悪女」をテーマにイタリア、フランス、ロシアのオペラにおける…

波多野睦美(メゾソプラノ)

 ギターの夏祭りが今年もやってくる。荘村清志と福田進一の大御所二人が牽引する「Hakuju ギター・フェスタ」は今年で13回目。文字どおりギター三昧の3日間なのだが、ギタリストやギター・ファンのためだけではなく、広く音楽ファンを楽しませてくれる多彩な構成も魅力だ。今回はメゾソプラノの波多野睦美が第二夜(9/1)に招かれ…

徳永真一郎(ギター)

 徳島県出身のギタリスト徳永真一郎が10年半に及ぶフランス留学を終えて、日本での活動を積極的に展開し始めた。7月25日には、福田進一が気鋭の若手ギタリストを発掘・紹介するディスカバリー・シリーズ第3弾として、初録音となるアルバム『テリュール』(マイスター・ミュージック)をリリースする。「収録作品は僕の関心のある20世紀…

加耒 徹(バリトン)

若手人気バリトンが誘うオペレッタの魅力  女優の中嶋朋子を案内役に迎えた全6回からなるシリーズ『音楽劇紀行』は、田尾下哲(総合プロデューサー)と加藤昌則(音楽監督)が中心となって音楽劇の表現形式の変遷を辿るHakuju Hall主催の人気企画。  6月公演の第五夜のメイン・テーマは「オペレッタ」だが、プログラムはまずカ…

神と音と写

“神域”写真と即興音楽が前代未聞のコラボ!  山岸伸といえば写真愛好家なら知らぬ者はないポートレート・フォトの大巨匠。特に現在50代から60代にかけての男性は、若かりし日、少年/青年誌のグラビア・ページにクレジットされた彼の名を目にした人も少なくないはずだ。その山岸が近年取り組んでいるのが、賀茂別雷神社(上賀茂神社)、…

第32回 ワンダフルoneアワー 高木綾子(フルート) & 吉野直子(ハープ) デュオ・リサイタル

2人のミューズが奏でる極上の1時間  今回も、贅沢なひとときが味わえそうだ。休憩なしの1時間、一流のアーティストの快演がリーズナブルな料金で楽しめる、Hakuju Hallの人気シリーズ「ワンダフルoneアワー」。第32回にはフルートの高木綾子とハープの吉野直子、国際的に活躍する2人のミューズが降臨し、美しい旋律を紡ぎ…