ロベルタ・マメリ(ソプラノ) バロック & 近代歌曲コレクション

バロックとラテン系の佳品を絹布の声で愉しむ

C)Richard Dumas

 心を射抜くような清冽さと、絹布を思わせる柔らかさ。変幻自在な声の魔力で、世界中の聴衆を虜にしているイタリアの人気ソプラノ、ロベルタ・マメリ。名手・つのだたかしがつま弾く、リュートやギターの彩り豊かな音色を伴って、バロックや近現代の名旋律を歌い尽くす。
 ファビオ・ビオンディ率いるアンサンブル「エウローパ・ガランテ」など、主要アンサンブルと次々に共演、オペラや宗教声楽作品などのソリストとして、ヨーロッパの古楽シーンをリードするマメリ。クラウディオ・アバドら巨匠指揮者とも共演を経験するなど、モダンの世界でも個性を輝かせている。
 ステージは、これまでも共演を重ねて気心の知れた、つのだと共に。モンテヴェルディの歌劇《ポッペアの戴冠》から〈さらばローマ〉で幕開け。カッチーニやストロッツィによる、バロックのリュート伴奏の歌曲を。そして、後半はギター伴奏による、近現代作品。ヴィラ=ロボス「ブラジル風バッハ第5番」から「アリア」、グラナドスの歌曲やピアソラ「オブリヴィオン」ほかを歌う。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年10月号より)

2018.10/31(水)19:00 Hakuju Hall
問:ダウランド アンド カンパニイ042-390-6430 
http://www.dowland.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]