Tag Archive for 蒲生克郷

【CD】ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番・第16番/エルデーディ弦楽四重奏団

 ギラギラしすぎず枯れすぎず、ちょうどいい渋み。結成30年を迎えたエルデーディ弦楽四重奏団が取り組むベートーヴェン後期作品集。持ち前の澄んだ響きで、特別な傑作群にも自然体で臨みつつ、深い敬意と理解が伝わるような、円熟のアンサンブルを聴かせる。推進力があり瑞々しさを失わない演奏で、後期作品を聴く際に見逃しがちな古典性にも…

蒲生克郷 & 花崎淳生(ヴァイオリン/エルデーディ弦楽四重奏団)

2大楽聖の中期と晩年の傑作に挑む  エルデーディ弦楽四重奏団は、2018年に第一生命ホールでベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲のシリーズを完結させ、19年からは同ホールでベートーヴェンの中期とモーツァルトの晩年の弦楽四重奏曲に取り組む。その初回となる2月のコンサートについて、第1ヴァイオリンの蒲生克郷と第2ヴァイオリンの…

エルデーディ弦楽四重奏団

ベートーヴェン後期ツィクルス、いよいよ完結  大胆な試みの末、楽聖が辿り着いた終着点とは。エルデーディ弦楽四重奏団が、4年をかけて取り組んできたシリーズ「弦楽四重奏のみに託されたベートーヴェン最晩年の高貴なるメッセージ」が、いよいよ大団円へ。掉尾を飾るのは、古典的な4楽章形式に回帰しつつも、変化に富み、謎多き最終作「第…

クァルテット・ウィークエンド エルデーディ弦楽四重奏団 弦楽四重奏のみに託されたベートーヴェン最晩年の高貴なるメッセージⅢ

室内楽ファン必聴の重厚なプログラム  楽聖が、弦楽四重奏だけに託したメッセージとは。その頂に挑んだ、後世の作曲家の軌跡とは。ソリストとして活躍する4人の精鋭によって組織されたエルデーディ弦楽四重奏団が、その答えを詳らかにする。  同四重奏団は1989年、蒲生克郷と花崎淳生(ヴァイオリン)、桐山建志(ヴィオラ)、花崎薫(…