Tag Archive for 田崎悦子

Chopin Schumann Liszt 三大作曲家の愛と葛藤(後編) 田崎悦子(ピアノ)

ロマン派3人の切なる想いを伝えたい  演奏とは、作品を通して作曲家と対話すること―それを心から実感させてくれるピアニストが田崎悦子である。発する音はもはや楽器の“音”を超越し、“声”として聴衆の心へと直接届いてくる。この境地に達するまで、彼女は血のにじむような思いで音楽と向き合ってきたにちがいない。  3年前に3回シリ…

田崎悦子(ピアノ)

演奏することは“恋をすること”に似ています  日本人の海外留学が非常に難しかった時代に単身ニューヨークに渡り、ショルティやスラットキンなど、世界的な芸術家たちからその演奏を惚れこまれた田崎悦子。30年のニューヨーク滞在を経て帰国した後も、意欲的なプログラムによる演奏活動や「Joy of Music」という教育活動を開拓…

田崎悦子(ピアノ)

作品と一緒にいたい、という心境ですね  シューベルトが死の2ヵ月前に遺した「三大遺作ソナタ」、ベートーヴェン最後の3つのピアノ・ソナタ、そしてブラームスの最後のピアノ作品である3組の小品集──3人の作曲家の“最後”を切り取って、それを1曲ずつ並置する全3回のリサイタル「三大作曲家の遺言」(4、7、11月)を開く田崎悦子…