Tag Archive for 坂下忠弘

彌勒忠史(演出)

ひとつの空間で呼応し合う能の名作と20世紀オペラ  誘拐された我が子を追って、母が独り、東国の川岸に辿り着く…英国の作曲家ブリテンが、能『隅田川』の物語に突き動かされて、「西洋音楽で再創造」したオペラ《カーリュー・リヴァー》。この秋、能とオペラが連続上演されるとのこと。オペラを演出する彌勒忠史が、和と洋が結び合う世界を…

横須賀芸術劇場が能『隅田川』とブリテンのオペラ《カーリュー・リヴァー》を連続上演

 横須賀芸術劇場は10月18日に、能の名作『隅田川』と20世紀イギリスの大作曲家ブリテンのオペラ《カーリュー・リヴァー》を続けて上演することを発表した。同作は、ブリテンが1956年に来日した折、『隅田川』を観てインスパイアされ誕生、その後の作曲活動の方向性を定めたとされるオペラ。  『隅田川』は、人買い商人に連れていか…

濱田芳通 (ダ・ヴィンチ音楽祭芸術監督)

ダ・ヴィンチがプロデュースした“オペラ”が500年の時を超えて蘇る!  例年、首都圏でもエアポケット的にコンサートが少なくなる8月中旬だが、今年は川口で斬新な音楽祭が開催される。時を超えて称賛される叡智といってもいいレオナルド・ダ・ヴィンチ(今年が没後500年!)の名前を冠した、創造力にあふれる4日間。その名も「ダ・ヴ…

ダ・ヴィンチ音楽祭 記者会見

 今年8月14日から17日にかけて、川口総合文化センター・リリアで開催される「ダ・ヴィンチ音楽祭 in 川口 vol.1」の記者発表が、4月17日に同ホールで行われ、音楽祭芸術監督を務めるリコーダー、コルネット奏者の濱田芳通、プロデューサーの平井洋らが登壇した。 (2019.4/17 川口総合文化センター・リリア Ph…

坂下忠弘(バリトン)

やわらかな美声とエスプリと  シンガーソングライター尾崎亜美のプロデュースによる男声声楽ユニット「La Dill(ラ・ディル)」のメンバーとしても活躍するバリトンの坂下忠弘。名ピアニストのダルトン・ボールドウィンが、「フランスのエスプリと音楽と声を併せ持って生まれた歌手」と称えた、フランス歌曲の微細な色彩の変化も見事に…

坂下忠弘(バリトン)

年末のひと時を“癒しの声”で  活躍目覚ましい新進バリトン坂下忠弘が、定例のクリスマス・コンサートでもあるリサイタルに寄せて語ってくれた。まず、会場のsonorium(ソノリウム)について。 「いくつも訪ねて辿りついた極上の空間です。お客様と一体になれる100席の親密なホールで、天井高は6メートルという贅沢さ、まさに演…

坂下忠弘 (バリトン)

目指すは“癒しの声”  「京都のお茶屋」のごとく入り口は上品でこじんまり。でも、ホールの中は開放感に富む別世界。木の床と漆喰の壁で上質の音空間が生まれている。「何十軒と訪ねてこの『sonorium(ソノリウム)』に辿りつきました」と話すバリトン坂下忠弘が、年末コンサートへの抱負をじっくり語る。 「音響も空調も極上のピア…