Tag Archive for 伊藤悠貴

伊藤悠貴(チェロ)

ラフマニノフの音楽の中に自分自身を感じます  伊藤悠貴は、日本人離れしたチェリストだ。1989年に生まれ、15歳からロンドンで暮らす彼は、英国王立音楽大学を首席で卒業し、2010年ブラームス国際コンクールで優勝。11年にフィルハーモニア管の定期でデビュー後は内外で活躍し、指揮活動も行っている。今年2月5日には、第17回…

伊藤悠貴が第17回 齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞

 第17回 齋藤秀雄メモリアル基金賞の受賞者が決定し、チェロ部門に伊藤悠貴が選ばれた。  同賞は、チェリスト・指揮者・教育者であった故・齋藤秀雄に因み、財団法人ソニー音楽芸術振興会(現・公益財団法人ソニー音楽財団)が2002年に創設。音楽文化の発展に貢献し、将来いっそうの活躍が期待される、若手チェリスト、指揮者に贈られ…

伊藤悠貴(チェロ)

注目の駿才が奏でる“歌”の調べ  優れた若手が次々台頭する日本のチェロ界で、その代表格として注目される伊藤悠貴が、5年ぶり2枚目のCD『ザ・ロマンティック』をリリースした。15歳で渡った英国でデビューした伊藤。前作『ラフマニノフ:チェロ作品全集』は英国制作の海外盤だったから、国内ではこれが初めてのアルバム。「すべての曲…

向山佳絵子&長谷川陽子 プロデュース チェロ・コレクション 〜バッハへのオマージュ Vol.4〜

“チェロの底力”を知るステージ  共に日本を代表するチェリストとして活躍する、向山佳絵子と長谷川陽子。「チェロ・コレ」こと『チェロ・コレクション〜バッハへのオマージュ〜』は、2人のプロデュースによる、バッハへの敬意と異世代のチェリストの交流を軸とする大型企画だ。第4弾は、ロンドンを拠点に活躍する伊藤悠貴とベルリンで研鑽…

ニコライ・ホジャイノフ(ピアノ) with 若き日本の俊英たち

 独自の世界観と音へのこだわりを持ち、2012年の初来日以来、日本のファンを増やし続けている、ロシアのニコライ・ホジャイノフ。彼が11月、東京オペラシティで行われるアフタヌーンコンサートシリーズに登場し、ショパンやリストに加え、日本の俊英との室内楽で、平日の午後を彩るプログラムを届ける。  ホジャイノフが注目を集めるよ…

カポソカ音楽学院オーケストラ

 日本・アンゴラ外交関係樹立40周年記念事業として、カポソカ音楽学院オーケストラが5月に来日する。アフリカ南東部に位置するアンゴラは、ほかのアフリカの国々に比べて植民地支配が長く続き、独立後も内戦が続いた。そうした中で、2008年に貧困家庭の子供たちを対象に青少年支援プロジェクトとしてカポソカ音楽学院が誕生した。日々の…