東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート ~クラシック・エイドVol.10~

苦難を超え復興を願う熱いステージ

2019年クラシック・エイドVol.9より
C)K.Miura

 2011年3月11日に発生した大災害、東日本大震災から9年が経った。近年も大型台風や地震が続き、復興は着実に進められつつも、被災地の傷は完全に癒えていない。ジャパン・アーツ及び所属アーティストたちは、「真の芸術にふれた感動は、人々に生きる力を与えてくれる」という信念のもと、東日本大震災の支援、復興を願ったチャリティコンサートを継続している。公演の収益金の一部と会場で集まった募金は、被災した子どもたちへの支援活動などに役立てられる。昨年のVol.9では約453万円が集まり、今回も「公益財団法人みちのく未来基金」などを通じて、被災した子どもたちへの支援をはじめ、台風15号・19号など、大きな災害に見舞われた人たちに寄付される。

 毎回豪華出演陣の演奏を楽しめるこのチャリティコンサートは、Vol.10にもジャパン・アーツが誇るスター演奏家たちが出演予定。なお、本公演は、本来であれば3月7日に開催される予定だったが、現在猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響により8月31日へと延期された。詳細は現在調整中だが、ソプラノ歌手の松本美和子、テノール歌手の西村悟、ヴァイオリニストの大谷康子、チェリストの伊藤悠貴、ピアニストの尾崎未空、椎野伸一、舘野泉、仲道郁代らが出演予定だ。今年はコロナ禍の影響によって多くの音楽活動が制限され、アーティストと聴衆の距離が遠ざかってしまっている。この公演は音楽を通じてあらたに人々をつなぐ公演となるだろう。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2020年6月号より)

2020.8/31(月)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:ジャパン・アーツぴあ0570-00-1212 
https://www.japanarts.co.jp