Tag Archive for ハーゲン・クァルテット

トッパンホール19周年 バースデー企画 ハーゲン プロジェクト 2019

世界のトップ・クァルテットが魅せる清新な音楽世界  第一線で活動を続ける弦楽四重奏団の代表格、ハーゲン・クァルテットは、アジアの本拠地と位置付けるトッパンホールで、刮目すべきプロジェクトを展開してきた。そこで今年10月、ホール19周年のバースデーに合わせて行うのが「ハイドン&バルトーク・ツィクルス」。日本とオーストリア…

音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ 21 ハーゲン・クァルテット

世界最高峰のアンサンブルの現在を聴く  現代を代表するクァルテットのひとつ、ハーゲン・クァルテットが神奈川県立音楽堂に登場する。ハーゲン・クァルテットは1981年にハーゲン家の4人の兄弟姉妹によって結成された。その後第2ヴァイオリンの交替を経ながらも、一貫して最高水準の団体として意欲的な活動を展開し、今や円熟の境地にあ…

ハーゲン・クァルテット

室内楽の極地を示す“神聖な儀式”  バロック音楽から現代の作品に至るまで、幅広い時代・様式の作品をレパートリーにもち、それを繊細かつ真摯な態度で音に作り上げていくハーゲン・クァルテット。メンバーは全員が「パガニーニ」と称されたストラディヴァリウスを演奏し、その透徹した響きによってベートーヴェンをはじめとする名作群へ新し…

ハーゲン・クァルテット

モーツァルトはつねに関わっていかなければいけない存在です  故郷というのは、きっと人生の折々で立ち返る場所だ。立ち返るべきなのか、自ずと立ち返ってしまうのか。ハーゲン・クァルテットが結成されたのはザルツブルクで、それはモーツァルトの故郷でもある。モーツァルトにとっては逃げ出したかった生地だが、ハーゲン・クァルテットは愛…

ハーゲン・クァルテット

常に新たなチャレンジとして作品に立ち向かう  1992年以来、ザルツブルク市と友好都市提携を結ぶ川崎市。その川崎の音楽的なシンボルともいえるミューザ川崎シンフォニーホールに、楽都ザルツブルクが生んだハーゲン・クァルテットが登場する。  ザルツブルクのハーゲン家の4人の兄弟姉妹によって結成されたハーゲン・クァルテットは、…