Tag Archive for ダニエル・オッテンザマー

高崎芸術劇場 音楽ホール 2020年度後期ラインナップ

豊かな残響を誇る贅沢な空間で愉しむ多彩なプログラム  昨年9月にオープンした高崎芸術劇場は群馬の中核的文化施設。400席ほどの音楽ホールは、舞台の熱気を肌で感じられる贅沢な空間だ。本年度後期も個性豊かな6つの公演がラインナップされている。  4人のコントラバス奏者からなるザ・ベースギャングは中でもユニークだ(10/17…

【CD】フィルハーモニクス VOL 1 ボヘミアン・ラプソディ〜イングリッシュマン・イン・ニューヨーク

 クラシック界のエリートたちが本気で遊ぶとこうなります! という、感動的なエンターテインメント。ウィーン・フィルやベルリン・フィルのメンバーを含んだ、弦楽器・クラリネット・ピアノの7人グループ「フィルハーモニクス」は、クラシック、ジャズ、ポップス、民謡などを見事なアレンジで融合させてしまう。新譜は冒頭1曲目から、バッハ…

アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)

クラリネット界のスターが名門オーケストラと織りなす濃密なコラボレーション  ベルリン・フィル首席クラリネット奏者アンドレアス・オッテンザマー。父エルンスト、兄ダニエルはともにウィーン・フィルの首席クラリネット奏者という“クラリネット・エリート”だ。11月、初来日のスイスの老舗オーケストラ、ヴィンタートゥール・ムジークコ…

第458回 日経ミューズサロン ダニエル・オッテンザマー(クラリネット)

クラリネット界の貴公子のサウンドに酔う  時に甘く、時に饒舌に。クラリネットという楽器が持つ、多彩な魅力を表現し尽くす、変幻自在のプレイで、世界中の聴衆の心を捉える、ウィーン・フィル首席奏者のダニエル・オッテンザマー。クラリネット界を牽引する貴公子が、日経ミューズサロンに登場、選りすぐりの名曲を届けてくれる。  父エル…

ザ・フィルハーモニクス

ウィーンからの素敵なクリスマス・プレゼント  ザ・フィルハーモニクスはウィーン・フィルのメンバーを中心に結成された凄腕アンサンブル。2006年のウィーン・フィル来日公演に参加していた第2ヴァイオリン首席奏者のティボール・コヴァーチとコントラバス首席奏者のエーデン・ラーツが、福岡でしゃぶしゃぶを食べていた時に意気投合。帰…