Tag Archive for シンデレラ

キエフ・バレエ『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『シンデレラ』 

伝統と格式を誇る名門バレエ団による三大傑作  昨年、劇場創立150周年を記念し、歌劇場のオペラやオーケストラと共に日本公演を行った名門「キエフ・バレエ」が今季も来日し、師走の東京・横浜・市川ほか全国を巡演、古典らしさを前面に出した3つの全幕作品を上演する。  『白鳥の湖』は、万人に愛される不朽の古典バレエ。キエフの“顔…

WOWOWの「メトロポリタン・オペラ 2017-18シーズン」

テレビの前でMETの傑作舞台を堪能  オペラを映画館で観るライブビューイングというスタイルは、近年かなり定着してきたようだ。だが、オペラのライブ録画を自宅のテレビで観るということになると、NHKのBSでも放送はあるものの「もっと1年を通してたくさん観たい!」と思う人もいるのではないだろうか。それを叶えてくれるのがWOW…

イーグリングの“新・くるみ割り人形”〜新国立劇場バレエ2017/18シーズン

 新国立劇場舞踊部門バレエは2017/18シーズンに、開場20周年記念特別公演『ニューイヤー・バレエ』(18年1月)、こどものためのバレエ劇場『しらゆき姫』を含めた7演目を上演する。新シーズンは『くるみ割り人形』(新制作)で幕を開け、『シンデレラ』『ホフマン物語』『白鳥の湖』『眠れる森の美女』と新国立劇場のレパートリー…

第42回 日本フィル 夏休みコンサート 2016

心躍る体験が満載のステージ  「クラシック音楽を未体験の子供たちが、家族と一緒に生のオーケストラを聴き、その魅力を知ってくれれば」との思いから、日本フィルハーモニー交響楽団が毎年続けている『夏休みコンサート』。42回目の今年は、首都圏を中心に十数公演が行われる。本格的なフル・オーケストラのサウンドはもちろん、バレエや歌…

加地暢文(スターダンサーズ・バレエ団)

「幼い頃から踊ることが大好きで」と照れながら語る期待の新人、加地暢文。  6歳からバレエを始め、新国立劇場バレエ研修所時代を経て「プロでやっていく自信がついた」。2012年にスターダンサーズ・バレエ団入団。この8月には日生劇場ファミリーフェスティヴァル2015のバレエ『シンデレラ』で王子役を踊る。 「演出が現代風なので…

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2015 バレエ『シンデレラ』

家族といっしょに楽しむファンタジーの世界  毎夏、日生劇場で開催されるファミリーフェスティヴァル。クラシック・コンサートやミュージカル人形劇、寄席などの本格的な舞台芸術に親子で触れることのできる人気のイベントである。  今年のバレエはスターダンサーズ・バレエ団による『シンデレラ』。テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケス…

新国立劇場 夏のこども劇場セット

 この夏、家族連れで本格的な舞台芸術に気軽に親しめるチャンスがやってくる。新国立劇場が6月〜7月に行う3公演は、一流キャスト・スタッフが贈る話題作ぞろいだ。4月6日、合同制作発表会が行われた。  第1弾は森山開次の新作ダンス『サーカス』。しなやかな踊りとイマジネーションあふれる舞台が人気の森山は、NHK教育テレビ「から…

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『白鳥の湖』『シンデレラ』

期待のソリストが魅せる2大名作  4年ぶりの来日となる英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団。英国ロイヤル・バレエ団の姉妹カンパニーである同団は、演劇の国らしく緻密に練られた物語と繊細な心理描写を得意としている。今回上演される『白鳥の湖』と『シンデレラ』も、そうした個性と伝統が随所に感じ取れる作品となっている。  『白鳥…

Kバレエ カンパニー『シンデレラ』

童話を超えた至高のファンタジー  いつの時代にも女性の心をつかむ『シンデレラ』の物語。粗末な服をまとい、継母や義理の姉たちにこき使われる彼女が、魔法で美しく変身し、豪華な城で王子に出会うという展開は、視覚に訴えかけるバレエにぴったりだ。Kバレエ カンパニーの熊川哲也版は、ヨランダ・ソナベンドの繊細な衣裳とレズリー・トラ…