フィリップ・トゥッツァー バッハ 無伴奏ファゴット・リサイタル

第一線オケのソリストを務める名手によるバッハ無伴奏


 たった1人で対峙する、バッハ父子の無伴奏作品。ファゴットという楽器の底力を、存分に知らしめることだろう。
 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の首席奏者を務め、ソリストとしても国際的に活躍しているイタリア出身の名手、フィリップ・トゥッツァー。ウィーン国立音楽大学やハノーファー音楽演劇大学に学び、2008年には“超難関”で知られるARDミュンヘン国際音楽コンクールで第2位入賞を果たした。

 ソリストとしては、ベルリン・フィルハーモニーやウィーン・ムジークフェラインなどの檜舞台へも登場。ベルリン・フィルやミュンヘン・フィルなど、第一線楽団にもゲスト奏者として客演を重ねている。モーツァルテウム管弦楽団の同僚らと結成した「ファゴット・トリオ・ザルツブルク」のメンバーとしても、精力的に活動。後進の指導にも力を注いでいる。

 今回のステージは、大バッハの不朽の傑作「無伴奏チェロ組曲」から第1番と第4番が軸に。原曲にあっては、旋律と通奏低音の二役を演じることが求められ、時に重音の使用も。単音で奏するファゴットでは、いかにポリフォニーを“暗示”するのか。浮上する新たな課題へ立ち向かう、名手の創意に要注目だ。

 ここへ、大バッハが無伴奏フルートのために書いた「パルティータ イ短調」(BWV1013)と、同じく次男カール・フィリップ・エマヌエルによる「ソナタ イ短調」(Wq132)を披露する。共にニ短調に移調され、温かく滋味あふれる低音で奏される佳品は、全く新たな印象を聴き手へもたらすはず。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2020年2月号より)

2020.2/12(水)19:00 JTアートホール アフィニス
※公演日が、当初発表されていた2/14から2/12に変更になりました。
問:パシフィック・コンサート・マネジメント03-3552-3831
http://www.pacific-concert.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]