東京オペラシティ B→C 塙 美里(サクソフォン)

「鳥」をメインテーマに時空を超えた音楽の旅

C)Akira Muto

 天空を自在に舞う、時を告げる、さらにミステリアスな鳴き声で魅了する…。鳥の姿や鳴き声、営みを鮮やかに描きだそうとする異色のコンサートである。

 フランスで学んだ気鋭の奏者、塙美里がB→Cに登場。バッハから現代まで、鳥がテーマの作品を中心に意欲的なプログラムを組んだ。2曲をのぞき、フルートとクラリネットが混ざったような、彼女ならではのソプラノ・サクソフォンの音色を味わえるのも魅力だ。鳥の生態が浮き彫りにされたメシアンの「黒つぐみ」、ヴィラ=ロボスの少々けだるく懐かしい響きの「黒鳥の歌」があるかと思えば、田中カレンの「Night Bird」ではエレクトロニクスを用いて野心的な一面も見せてくれる。フランスの現代作曲家アラのアルト・サクソフォンと電子音響のための「鳥」は、激しさと神秘的な側面を合わせ持つ曲だという。池辺晋一郎の「沈黙… おや、どこやらでほととぎす」など楽しい曲もラインナップ。共演のピアノはAKI マツモト。
文:伊藤制子
(ぶらあぼ2020年1月号より)

2020.1/21(火)19:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999 
https://www.operacity.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]