河野智美(ギター)& 八木大輔(ピアノ)

華麗なるコンチェルトのジョイントステージ


 ギターとピアノの人気の高い協奏曲を一夜で聴く、という魅力的なコンサートが開催される。題して「協奏曲の夕べ〜情熱のアランフェス × 輝きのモーツァルト」。ギターは国内外のコンクールで優勝&入賞に輝き、スペインでも活動を展開している河野智美によるロドリーゴ「アランフェス協奏曲」と「ある貴紳のための幻想曲」。ピアノは慶應義塾高校1年生で、イタリアなどの国際コンクールで史上最年少優勝を遂げている、いま勢いに満ちた八木大輔だ。共演は梅田俊明指揮の東京フィルハーモニー交響楽団。

 まず、河野に選曲の理由を聞くと…。
「ギタリストにとってロドリーゴはとても大切な作曲家です。『アランフェス協奏曲』は長年弾いていますが、常に精神世界に引き込まれる感じです。先日、アランフェス宮殿を訪れ、宮殿のあまりのセンスの良さに驚きを覚え、ロドリーゴの作品への思いが伝わってくるようでした。この協奏曲もそうですが、スペイン作品は光と影、陽と陰が混在し、それをギターの響きで弾き分けていくことにとても魅力を感じます。『ある貴紳のための幻想曲』は、以前からずっと弾きたいと願っていました。今回が初めての演奏ですが、オーケストラとの掛け合いを重視し、原曲のガスパール・サンスの美しい旋律と溶け合ったハーモニーのすばらしさを表現したいと考えています」

 河野は子どものころからギターに親しんできたが、一時期は一般企業に就職。だが、音楽への思い断ち難く、コンクールで良い結果が残せるよう一念発起してギターと向き合った。いまはギターひと筋。その情熱と強いギターへの愛着がロドリーゴで開花する。

 一方の、八木は4歳のころから家にあったピアノから離れないほど、ずっとピアノを弾いていた。しかし、小学生のころは練習嫌い。やがて国際コンクールで優勝の栄冠に輝くようになり、道は決まった。
「いまは高校に通いながら音楽とも密度の濃い時間を過ごせるよう、時間配分をしています。僕はいま少年でもなく大人でもない、その中間ともいうべきとても微妙な難しい年ごろなんですよ。もやもやした思いや悩みも多く、不安定な時期です。でも、ピアノに向かうと、そのもやもやが一気に音楽に集約し、気持ちが晴れやかになります。モーツァルトは大好きで、協奏曲第21番は純粋無垢な気持ちでないと的確な表現はできません。いまの自分だからこそ演奏できる、そんな思いで演奏します。各楽章はとても美しく、モーツァルト効果というか人の心をリラックスさせるものがある。僕の演奏でそういう気持ちになってほしいですね」

 なお、当夜はCDのライヴ収録も行われる予定、リリースは未定だが楽しみにしていよう。
取材・文:伊熊よし子
(ぶらあぼ2019年11月号より)

協奏曲の夕べ〜情熱のアランフェス × 輝きのモーツァルト
2020.1/29(水)19:00 サントリーホール
問:ムジカキアラ03-6431-8186 
https://www.musicachiara.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]