コルネリウス・マイスター(指揮) 読売日本交響楽団

多様な響きが現出する稀有の意欲的プログラム


 読売日本交響楽団の2月定期は、首席客演指揮者コルネリウス・マイスターが登場。刺激的なプログラムを披露する。ドイツ生まれの彼は、ウィーン放送響の首席指揮者兼芸術監督を経て、シュトゥットガルト歌劇場の音楽総監督を務める気鋭の実力者。2017年現ポストに就任した読響では、ストレートな表現の中にもコクのある演奏を聴かせ、特に18年6月のR.シュトラウス・プロでは、オペラの比較的レアな管弦楽版などでゴージャスかつ生気漲る快演を展開した。それだけに今回の凝った演目への期待も大きい。

 1曲目はスイスの現代作曲家ヘフティの「変化」(日本初演)。2011年作のこの曲は、多彩な音響が交錯する約15分の鮮烈な音楽で、生演奏が耳目ともに楽しみだ。続いてのベルクのヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」は、アルマ・マーラーの急逝した娘マノンに捧げると同時に、自身のレクイエムを予感した音楽で、浄化されたトーンが胸に染みる。独奏はドイツが生んだ現代屈指のヴァイオリニスト、クリスティアン・テツラフ。シャープかつ迫真的な表現で魅了し、本作も得意としている彼の演奏は必聴だ。後半はブルックナーの交響曲第2番(ノヴァーク版)。滅多に演奏されない曲だが、後の名曲のスタイルを最初に示した重要作で、中でも緩徐楽章はすこぶる美しい。ここはマイスターの王道アプローチと、幾多の名匠のもとで積み重ねてきた読響一流のブルックナー・サウンドが融合した、日本では稀な第2番の真髄体験が実現するに違いない。本公演は、3曲いずれもライヴ演奏に接してみたい、興味津々のコンサートだ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年1月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(2/27主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

第595回 定期演奏会 
2020.2/28(金)19:00 サントリーホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390 
https://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]