東京・春・音楽祭2020 概要発表

 10月28日、東京文化会館にて、「東京・春・音楽祭2020」の概要発表記者会見が開かれた。16回目の開催となる今回は3月13日から4月18日までの5週間強にわたって、オペラ、オーケストラ、室内楽など、200を超える公演が開催される。
(2019.10/28 東京文化会館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)

左より:銭谷眞美(上野の山文化ゾーン連絡協議会 会長/東京国立博物館 館長)、鈴木幸一(東京・春・音楽祭 実行委員長)、津村 浩(読売日本交響楽団 常任理事・事務局長 )、二木忠男(上野観光連盟 会長)

 音楽祭の開幕を飾るのは、リッカルド・ムーティ指揮東京春祭特別オーケストラによるヴェルディの《マクベス》(演奏会形式)。前回に引き続き、巨匠ムーティによる「イタリア・オペラ・アカデミー」も開催される。本公演2公演とは別に、ムーティによる《マクベス》作品解説や、イタリア・オペラ・アカデミー特別公演として、受講生の指揮による若い音楽家による《マクベス》抜粋も上演される。ちなみにこの受講生の顔ぶれは前回と同じであり、先頃ブザンソン国際指揮者コンクールで第1位を獲得した沖澤のどかも含まれている。

2019年に行われた「イタリア・オペラ・アカデミー」vol.1 マスタークラスの模様より沖澤のどか(左)
写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡

 音楽祭の柱ともいえる「東京春祭ワーグナー・シリーズ」では、マレク・ヤノフスキ指揮NHK交響楽団により、《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式)が上演される。題名役はアンドレアス・シャーガーとペトラ・ラング。毎回ワーグナーをとりあげてきた同シリーズだが、これで主要作品は一巡することになる。
 また、昨年話題を呼んだ「子どものためのワーグナー」でも、同様に《トリスタンとイゾルデ》が題材となる。こちらはバイロイト音楽祭提携公演で、独自の編曲によって上演される子ども向けバージョン。小学生でも楽しめるように工夫が凝らされているという。

鈴木幸一

 「前回の《さまよえるオランダ人》では、子どもたちは予想以上に集中して舞台を見てくれた。子ども向けに《トリスタンとイゾルデ》はいかがなものかという声もあったが、子どもはこういった話題にピンとくるもの」(鈴木幸一・同音楽祭実行委員長)。ちなみに鈴木は小学生の頃からワーグナーを聴いていたのだとか。

 今回より新たに読売日本交響楽団の演奏により「東京春祭プッチーニ・シリーズ」がスタートする。第1回となる今回は「外套」「修道女アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」の《三部作》が演奏会形式で上演される。「読響は近年ワーグナーなどドイツ・オペラを演奏する機会が多く、イタリア・オペラの経験は少なかった。とてもよいタイミングで、すばらしい機会をいただいた。日頃演奏機会の少ないレパートリーに挑戦できることをうれしく思う」(津村浩 読響常任理事・事務局長)。

津村 浩

 これら大型公演をはじめ、ヤノフスキ指揮東京都交響楽団によるベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」や、恒例のミュージアム・コンサート、数多くの室内楽企画など、今回も多彩な公演が並ぶ。
 「次の10年、20年も視野に入れて、毎年新しい趣向を取り入れながら、音楽祭を発展させていきたい」(鈴木実行委員長)という「東京・春・音楽祭」。春の上野がいっそうの賑わいを見せる。
取材・文:飯尾洋一


東京・春・音楽祭2020
2020.3/13(金)〜4/18(土)
東京文化会館、東京藝術大学 奏楽堂(大学構内)、旧東京音楽学校奏楽堂
上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、
国立西洋美術館、上野の森美術館、東京キネマ倶楽部 他
問:東京・春・音楽祭実行委員会03-6743-1398
https://www.tokyo-harusai.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]