東京オペラシティ B→C 伊藤美香(ヴィオラ)

邦人作品の紹介に情熱を傾ける開拓者

©Naoya Yamaguchi(Studio☆DiVA)

 現代の音楽や日本人作品の演奏に情熱を注ぐといっても、ヴィオリストの伊藤美香ほど徹底している奏者は稀少だろう。ヴィオラの楽曲はもちろんのこと、日本の知られざる作品を幅広く取り上げる「オーケストラ・トリプティーク」の団長を務めるなど、ソロ作品から大曲まで、あらゆる日本の作品の紹介に尽力している。

 その伊藤が満を持して東京オペラシティのB→Cに登場。やはりC(コンテンポラリー)の選曲が際立つが、いずれも面白く聴ける作品ばかり。J.S.バッハと、マルティヌーの明るく美しいソナタの他は、すべて邦人作品。直接交流があった鈴木行一の遺作「響唱の森」、眞鍋理一郎の「長安早春賦」のほか、伊藤の卓越した演奏に触発されて彼女のために書かれた西村朗の「キメラ」は注目。最後は矢代秋雄の若かりし日の隠れた名作ソナタを。

 共演は作曲家にしてピアノの名手、新垣隆。創造の現場を誰よりも知る新垣と共に、伊藤の名技と作品への深い思いが、「隠れた名品」の真価を明らかにしていく。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年11月号より)

2019.11/12(火)19:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999
https://www.operacity.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]