ジョナサン・ノット(指揮) 東京交響楽団

マエストロお得意のリゲティの世界そして、ジュピター!


 毎回のプログラムにこれほどワクワクさせられるコンビはほかにない。絶好調のジョナサン・ノットと東京交響楽団が11月の東京オペラシティシリーズで披露するのは、リゲティとリヒャルト・シュトラウス、そしてモーツァルトを組み合わせたプログラムだ。

 ノットにとってリゲティは重要なレパートリー。生前の作曲者と知遇を得て、ベルリン・フィルとも録音を残し、東響でもたびたび主要作品をとりあげている。今回演奏されるのは「管弦楽のためのメロディーエン」。「メロディーエン」というタイトルとはうらはらに、長く引き伸ばされた和音がテクスチャーを作り出し、明快なメロディーは見えにくいのだが、その響きには美しい調和が保たれ、抒情性にあふれている。ノットによればリゲティの音楽は「複雑そうで実は明快」。

 ノットはリゲティの音楽に好んでリヒャルト・シュトラウスの作品を組み合わせる。今回は晩年の傑作、オーボエ協奏曲。ソリストは東響首席奏者の荒絵理子が務める。こちらのほうが正真正銘のメロディーの音楽だろう。第1楽章冒頭のオーボエ・ソロを一瞬耳にしただけで、胸がいっぱいになるという人も少なくないのでは。

 そして最後に演奏されるのが、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。完璧な調和へと到達する名曲だが、ノットと東響は決して予定調和に終わらないヴィヴィッドな音楽を聴かせてくれるはずだ。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2019年11月号より)

東京オペラシティシリーズ 第112回
2019.11/23(土・祝)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]