クリスティーナ・ランツハマー(ソプラノ)

ドイツの名ソプラノが紡ぐ言葉とハーモニーの宇宙

©Marco Borggreve

 周囲を包み込む温かさと瑞々しい透明感を併せ持つ美声で、欧米のオペラや宗教作品の檜舞台で活躍するドイツの名ソプラノ、クリスティーナ・ランツハマー。13年ぶりとなる来日を果たし、「自分の本能から生まれた」というバロックから20世紀へ、イギリスからアメリカ、母国ドイツへと時空を超えてゆく歌曲のプログラムを披露する。

 ミュンヘン出身。2004年のライプツィヒ国際バッハ・コンクールでファイナリストとなるなど実績を重ね、シュトゥットガルト歌劇場などで主要な役回りを演じる一方、宗教作品のソリストとしても活躍。ブロムシュテットら名匠からの信頼も厚い。特に、ドイツにおいては“名舞台に彼女の歌声あり”と言っても過言ではない。

 今回の選曲で「私が特に魅了されている詩に基づく作品をまず念頭に置いた」と明かすのが、コープランド「エミリ・ディキンスンの12の詩による歌曲集」からの8つの歌曲。「アメリカの最も偉大な女性詩人であるディキンスン自体、とても気になる存在。私の心に深く響きます。彼女の詩が、どれほど作曲家の心を捉えたのかは、これらを非常に難易度の高い歌曲に仕立てた点からも、明白です」と説明する。

「かなり民謡風の特徴がある一方、現代的な響きを持ち、半音階と多調によって、世界が拡張されています。作品の多くが、同じ音楽的モティーフやメロディを用いたリフレインのように始まり、終わるのです。コープランドは、自然で音楽的なデクラメーション(抑揚や韻律を踏まえた表現)を駆使し、詩の魅力を見事に表現しています」

 ここへ対置したのが、シューマン「リーダークライス op.39」。
「コープランドに匹敵する力強い作品は? と考えた時、ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフの詩による名歌曲集が浮上したのは、論理的な帰結でした。この作品は、 彼の創作の中でも“最もロマンティック”だと作曲家自身も語っています」

 さらに、イギリスのパーセル、ドイツのヨハン・フィリップ・クリーガーと、バロック時代の作品も。
「英語とドイツ語による情緒豊かな歌曲は、魂と精神を見事に表現しており、このプログラムに美しく、見事なシンメトリーをもたらします」

 共演するピアニストのゲロルト・フーバーは、名バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルとの名演で広く知られる。
「彼は、私にとって完璧な伴奏者。細やかで、極めて感受性の鋭いピアニストです。歌手と一緒に呼吸し、歌詞を口ずさんで演奏し、常に全力投球で、まるでピアノと一体化しているよう。初めて共演した時から、多くの言葉は必要ありませんでした。私たちは自然なエネルギー、音楽の感じ方といった点で互いに似通い、深く真摯な姿勢で繋がっています」

 そんな二人が形づくる、言葉とハーモニーの宇宙。ぜひ体感したい。
構成・文:寺西 肇
取材協力:紀尾井ホール
(ぶらあぼ2019年10月号より)

クリスティーナ・ランツハマー ソプラノ・リサイタル
2019.11/26(火)19:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061 
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]