第23回 京都の秋 音楽祭

古都が音楽とともに最も輝く季節を体感


 紅葉が日々、彩りと輝きを纏ってゆく古都を舞台に、芳しいハーモニーを味わう「京都の秋 音楽祭」。23回目となる今年は、9月15日から11月23日まで開催される。国内外の第一線で活躍する名手たちが集い、様々な編成でバラエティ豊かなプログラムを披露。音楽の奥深さが堪能できるだろう。1年のうちで、最も輝く京都の街とともに、響きの宇宙を体感したい。

 「京都の秋」の幕開けを告げるのは、地元が誇る京都市交響楽団による「開会記念コンサート」。今年は名匠・飯守泰次郎のタクトにより、日本を代表するソプラノの森麻季を迎えて、ビゼー《カルメン》やプッチーニ《ラ・ボエーム》などから、名アリアの数々を。さらに、飯守が得意とするワーグナー《ニーベルングの指環》から、管弦楽版による抜粋を披露する(9/15)。

14年ぶりの“フィラデルフィア・サウンド”

 そして例年、音楽祭の目玉の一つとなっているのが、世界各地から名門オーケストラを招いてのステージ。今年は、「アメリカ・ビッグ5」の一角を占めるフィラデルフィア管弦楽団が、音楽監督のヤニック・ネゼ=セガンに率いられて登場する。1900年の創設以来、輝かしい“フィラデルフィア・サウンド”で、世界中の聴衆を魅了してきた精鋭集団。ネゼ=セガンのシェフ就任から7年を経て、伝統的なサウンドを堅持する一方、いっそうの表現力と機動性を兼ね備え、新たな時代を迎えている。

 実に14年ぶりの京都公演となる今回は、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」をメインに。誰もが知る“名曲中の名曲”だけに、知将の音楽創りと名門楽団のサウンドの個性が、逆に際立つだろう。さらに、10年前にヴァン・クライバーン国際コンクールの史上最年少の覇者となった中国出身の国際派ピアニスト、ハオチェン・チャンがソリストとして登場。ラフマニノフの協奏曲第2番を、繊細かつ大胆な音楽性、鉄壁のテクニックで聴かせる(11/3)。

フレッシュなアーティストたちの才能に触れる

 若い才能の瑞々しい音楽に多く触れることができるのも、この音楽祭の大きな特色だ。関西の8つの音楽大学の学生による第9回「関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバル」は、昨年に続いて秋山和慶の指揮により、サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」や、やはり学生ソリストや合唱が加わってのモーツァルト「戴冠式ミサ曲」ほかを上演する(9/16)。

 また、京都コンサートホール開館2年目から続く人気シリーズ「オムロン パイプオルガン コンサートシリーズ」には、3年前のライプツィヒ・バッハ国際コンクールを制した俊英、冨田一樹が登場。バッハの傑作はもちろん、ホールに設置された楽器の特性に合わせて、レーガーなどロマン派の作品や即興演奏も披露する(9/28)。

 さらに、ポーランド国立ショパン研究所が昨年創設した「ショパン国際ピリオド楽器コンクール」で2位入賞を果たした川口成彦が、プレイエルのピアノで弾くオール・ショパン・プロも(10/5 完売)。また、名手ひしめく日本人若手ピアニストの中で、ひときわ注目を集める北村朋幹は、ヴァイオリン山根一仁ら国内のトップ奏者たちで構成された「エール弦楽四重奏団」と共演。「フォーレに捧ぐ」と題し、ピアノ五重奏曲第1番・第2番やシェーンベルク(ウェーベルン編)の室内交響曲第1番をとりあげる(11/10)。

ラストには京響とスウェーデン放送合唱団が登場

 そして、音楽祭の掉尾を飾るのは、京都市交響楽団が常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーの広上淳一のタクトのもと、世界最高峰の声楽集団、スウェーデン放送合唱団と初共演する「京響スーパーコンサート」。ソプラノのシルヴィア・シュヴァルツら第一線のソリストをまじえて、絶筆「レクイエム」をはじめ交響曲第25番、歌劇《皇帝ティートの慈悲》序曲と、オール・モーツァルト・プロで締め括る(11/23)。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.9/15(日)〜11/23(土・祝) 京都コンサートホール
問:京都コンサートホール075-711-3231 
https://www.kyotoconcerthall.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]