原田慶太楼が米サヴァンナ・フィル音楽監督兼芸術監督に就任

C)Claudia Hershner

 欧米を中心に活躍する若手指揮者、原田慶太楼が2020/21シーズンからアメリカ・ジョージア州を本拠とするサヴァンナ・フィルハーモニックの音楽監督兼芸術監督に就任することが発表された。

 原田は1985年生まれの34歳。17歳で単身渡米してアメリカを中心に研鑽を積み、2010年にはタングルウッド音楽祭で小澤征爾フェロー賞を受賞。シンシナティ交響楽団およびシンシナティ・ポップス・オーケストラでアシスタント・コンダクターを4年間務めた。今年8月初旬には「フェスタサマーミューザKAWASAKI」でのN響との初共演が話題を呼ぶなど、国内主要オーケストラとの共演も多い。オペラの分野では《ドン・パスクワーレ》《連隊の娘》《トスカ》などの作品を手がけ、昨年はブルガリア国立歌劇場の来日公演《カルメン》でタクトを執り、高い評価を受けた。20年1月にはノースカロライナ・オペラ《道化師》にも登場予定。

Savannah Philharmonic Orchestra
https://savannahphilharmonic.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]