原田慶太楼が米サヴァンナ・フィル音楽監督兼芸術監督に就任

C)Claudia Hershner

 欧米を中心に活躍する若手指揮者、原田慶太楼が2020/21シーズンからアメリカ・ジョージア州を本拠とするサヴァンナ・フィルハーモニックの音楽監督兼芸術監督に就任することが発表された。

 原田は1985年生まれの34歳。17歳で単身渡米してアメリカを中心に研鑽を積み、2010年にはタングルウッド音楽祭で小澤征爾フェロー賞を受賞。シンシナティ交響楽団およびシンシナティ・ポップス・オーケストラでアシスタント・コンダクターを4年間務めた。今年8月初旬には「フェスタサマーミューザKAWASAKI」でのN響との初共演が話題を呼ぶなど、国内主要オーケストラとの共演も多い。オペラの分野では《ドン・パスクワーレ》《連隊の娘》《トスカ》などの作品を手がけ、昨年はブルガリア国立歌劇場の来日公演《カルメン》でタクトを執り、高い評価を受けた。20年1月にはノースカロライナ・オペラ《道化師》にも登場予定。

Savannah Philharmonic Orchestra
https://savannahphilharmonic.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]