ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)

プフィッツナーは、R.シュトラウスらと肩を並べるレベルの作曲家です

 45年にわたってウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務め、2016年8月に惜しまれつつ退任、ソリストとして、いっそう精力的な活動を展開するライナー・キュッヒル。「どこまでも音楽を追求し、自分の解釈で自由に弾いていきたい」と語る名匠が、選りすぐりの傑作を、艶やかな美音で紡ぐリサイタルを5月に開く。

「日本の方に親しみある曲を選びました。耳なじみのある作品も、奏者によってずいぶん弾き方が違うし、私も独自の美学に基づいて演奏します。特に、ウィーンの作曲家は“ウィーン風の音”で…。そんな解釈や私の“歌い方”、さらには作曲家が言わんとする本質を、ぜひ感じていただければ」

 国内外で何度も共演を重ね、「非常に息が合う」と厚い信頼を寄せるピアノの加藤洋之をパートナーに、クライスラーやサラサーテ、マスネなど珠玉の名旋律を。かたや、取り上げられる機会の少ない、ハンス・プフィッツナーのソナタが、もうひとつの軸。プフィッツナーは、晩年の一時期をウィーンで過ごすなど、同地と所縁は深いが、この作品はもう少し若い時代の作だ。

「クリスティアン・ティーレマンが指揮するウィーン・フィルとの共演で、彼の協奏曲を何度か弾くうち、すっかり魅了されて、この作曲家に非常に興味を持ちました。そして、やはり中身の濃いソナタも、ぜひ皆様に紹介したいと思いが募りました。彼はR.シュトラウスらと肩を並べるレべルの作曲家だと思います」

 コンマス生活の45年間を「音楽に対して、私は非常に頑固で…顔もそう見えるらしいですが、実際は虫も殺せません。妥協なしに一途に弾いてきました。若い仲間との意見の相違もありましたが、楽団に対して、自分なりに正直に接してきたつもりです。だから、オーケストラの中では、あえて独自の音色を出そうと意図したり、音楽創りに秘密を持ったりすることはありませんでした」と振り返る。

 退任から、約2年半。
「時間ができたので、自分のソロの練習に集中できるようになりました。でも、音楽に対する姿勢は、今までと全く変わりません。私の書斎には、収集した楽譜や本が山のようにあるので、ゆっくりと自分のための練習や勉強に取り組みたい。あと20年は(笑)、楽器に触れていたいですね」

 若い世代へ伝えたいこととは。
「相撲やテニスの世界と同様、演奏家の意識も、聴衆も変化しています。指揮者によっても、全く異なるでしょう。伝統を守るのは、非常に難しい。でも、どんな時代の演奏も、デジタルで気軽に聴くことができます。もし時間があれば、昔の録音も聴いてみてほしい。必ず発見があると思いますよ」
取材・文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年5月号より)

ライナー・キュッヒル ヴァイオリン・リサイタル
2019.5/25(土)14:00 やまと芸術文化ホール(大和市文化創造拠点 シリウス内)
問:やまと芸術文化ホール チケットデスク046-263-3806 
https://www.yamato-bunka.jp/hall/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]