【CD】シューマン:ピアノ・ソナタ第3番/古海行子

 新コンセプトで若手を紹介するOpus Oneレーベルの初回発売5点中の1枚。昭和音大在学中ながら、2018年高松国際ピアノコンクールで日本人初優勝を果たした古海のデビュー盤である。同コンクールで弾いたというシューマンのソナタ第3番の明るく伸びやかで活気あふれる演奏が、まずは魅力充分。リストの難曲「鬼火」も軽やかな運びで聴く者の胸を弾ませる。大澤壽人の「てまりうたロンド」は1943年作の世界初録音。これもアルバムの流れの中でごく自然に聴かせる。しなやかに表現される音楽が心地よさを与えてくれる、楽しみな俊英の登場。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
CD『シューマン:ピアノ・ソナタ第3番/古海行子』

シューマン:ピアノ・ソナタ第3番/リスト:超絶技巧練習曲第5番「鬼火」/大澤壽人:てまりうたロンド(世界初録音)

古海行子(ピアノ)

日本コロムビア
COCQ-85450 ¥2000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]