「東京2020 NIPPONフェスティバル」にドミンゴが出演

左より:古宮正章(東京2020組織委員会 副事務総長)、小橋賢児、青柳正規(同 文化・教育委員長)、箭内道彦、野老朝雄、SHELLY(東京2020組織委員会文化・教育委員会 委員)
Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE

 来年の東京オリンピック・パラリンピックにあわせて開催される、公式文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル」の記者会見が行われ、クリエイティブディレクターの小橋賢児、箭内道彦やフェスティバルマーク制作者の野老朝雄ら関係者が出席した。

 2020年4月から9月にかけて実施される同フェスティバルは、「Blooming of Culture 文化は、出会いから花開く。」をキャッチフレーズに掲げ、日本の文化を国内外に発信。共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出し、文化・芸術活動を通して多くの人が東京2020大会に参加できる機会をつくり、大会に向けて機運を高めることを目的としている。国や地方自治体、文化団体と連携したイベントを全国で展開するほか、組織委員会自身も4つの主催プログラムを実施する。その目玉となるのが、来春に行われる「『歌舞伎』×『オペラ』」。市川海老蔵とプラシド・ドミンゴが共演する舞台が実現する見通しとなった。

 ドミンゴは以下のようなコメントを寄せた。
「私のこれまでの長い舞台経験が、歌舞伎のパフォーマンスとして新たな実を結ぶ日が来ようとは、私自身、想像もしていませんでした。歌舞伎界の若きスター、海老蔵との共演が今から楽しみですし、私は彼から歌舞伎の所作を基礎から学ぶことになるでしょう。日本文化の一部となることは私にとっての名誉なのです」
 公演の日程や内容の詳細は後日発表される。

東京2020 NIPPONフェスティバル
https://tokyo2020.org/jp/get-involved/festival/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]