いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2019

北陸で北欧とロシアの音楽を満喫!

ゴールデンウィークの古都が、今年も、たおやかな調べで満ち溢れる。「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2019」は、「北欧とロシアの音楽」がテーマ。世界的な名手たちが、北の国からの爽やかな風を思わせる佳品の数々を紡ぐ。

 一昨年にスタートし、今年は4月28日から5月5日の8日間にわたって開催される「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」。5月2日までの「プレイベント」期間には、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)や、地元の音楽団体によるステージが催され、賑やかに祝祭気分を盛り上げる。一方、5月3日からの「本公演」期間中は、有料公演だけで41ステージを開催。多くは、一般的なコンサートの半分にあたる50分前後に公演時間を設定。“うまみ”が凝縮されたステージは、初心者も気軽に楽しめる。

 音楽祭の聴きどころの一つは、国際的に活躍する精鋭楽団と世界的なマエストロたちが、初顔合わせも含めた、様々な組み合わせで生み出す、彩り豊かなオーケストラ・サウンドだ。
 スウェーデンの名門・エーテボリ歌劇場管弦楽団は、音楽監督のヘンリク・シェーファーの指揮で、巨匠ギドン・クレーメルをソロに迎えてのシベリウス「ヴァイオリン協奏曲」[公演番号:C22]や、バリー・ダグラスとのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」[C14]などを披露。台湾が誇る知将リュウ・シャオチャとは、ムソルグスキー(ラヴェル編)組曲「展覧会の絵」などを[C12]。そして、オランダ出身の名匠ユベール・スダーンとは、チャイコフスキー「交響曲第4番」ほかを聴かせる[C24]。

 あまり“お耳にかからない”珍しい作品にも出会える。デンマーク生まれのハンス・クリスチャン・ロンビ(1810~74)は、J.シュトラウスⅠに心酔し、ウィーン風舞曲の作曲家へ転身、「北欧のシュトラウス」の異名も。今回は、そんな知られざる作曲家と、シュトラウス家との「音楽対決」が実現。シャンパンを開ける音をモチーフにした両者の「シャンペン・ギャロップ」ほか、独特の味わいに満ちた作品を、シェーファー指揮で愉しむ[C32]。
 そして、躍進著しいアジアのオーケストラの中でも、特に国際的な評価を高めている、台湾ではトップクラスの台湾国立フィルハーモニックも登場。音楽監督のリュウとの「交響曲第2番」[C15]などシベリウスの曲やR.コルサコフ「シェエラザード」[C33]に加えて、俊英ゲオルギス・オソキンスをソリストに据えてのショパン「ピアノ協奏曲第1番」をシェーファー[C23]、新星・藤田真央を迎えてのチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」をミヒャエル・バルケ[C21]のタクトで。

 地元が誇るOEKも、今回特別に「祝祭」の2文字を名前に冠し、数多くのステージに出演。スダーン指揮でグリーグ「ペール・ギュント」組曲第1、2番[C13]やハチャトゥリアンの組曲「仮面舞踏会」[C34]などを披露する。
 また、ヴァイオリンの巨匠クレーメルが、シベリウスの協奏曲でのソリストを務めるに留まらず、この音楽祭で計4ステージへ出演することも話題に。鮮烈な音楽創りで人気を誇り、超の付くほど多忙な、世界的ヴァイオリニストを聴ける貴重な機会だ。

 まずは、現代ポーランド出身の大家ヴァインベルクによる無伴奏チェロのための「24曲のプレリュード」を、自身でヴァイオリン独奏用に編曲、リトアニア出身の写真家アンタナス・ストゥクスの映像とのコラボレーションで披露[H13]。オソキンスやOEK弦楽セクションとのシューベルトほか[H24]、やはりオソキンスと、自身で創設した室内楽団「クレメラータ・バルティカ」からチェロのギードレ・ディルヴァナウスカイテを迎えてのピアノ・トリオ[A31]と、先鋭的な試みに挑む。

 そして、スタート以来、好評の「名曲チクルス」では、ショパンを取り上げる。三夜にわたるステージには、ダグラスやオソキンスら一線ピアニストに加え、公開オーディションで選ばれた地元の演奏家や、子どもたちも出演。他の室内楽のステージでもプログラミングされ、多面的に“ピアノの詩人”の魅力に迫る[K12、22、32ほか]。
 さらに、ロシアの名作曲家の名を冠した弦楽四重奏の最高峰「ボロディン弦楽四重奏団」も登場。結成から70年以上の歴史を持つ名門が、OEKが誇るクラリネットの名手・遠藤文江と共にモーツァルトの「五重奏曲」などを披露[H23]する。期間中は、まさに“耳を離せない”注目公演が目白押しだ。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年4月号より)
      
いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2019
[プレイベント]2019.4/28(日)~5/2(木・休) 
[本公演]2019.5/3(金・祝)~5/5(日・祝)
会場:石川県立音楽堂、金沢市アートホール、北國新聞赤羽ホール 北陸エリア(福井・石川・富山)
問:いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭 実行委員会事務局076-232-8111 
http://www.gargan.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]