横浜みなとみらいホールが2019年度主催事業を発表

 今年で開館21年目となる横浜みなとみらいホールが、2月21日に行われたプレス懇親会の中で、同ホールの2019年度主催事業を発表した。大・小ホールでの主要な企画を紹介する。

〈大ホール〉
 親子で音楽を存分に楽しむ趣向の「こどもの日コンサート 2019」(5/5)。今年はミュージカル・メドレーを取りあげる。池辺晋一郎・同ホール館長が以前から温存していた「ハチャトゥリアン・コンチェルツ」が実現(6/28)。チェロ協奏曲、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲を、石坂団十郎(チェロ)、佐藤卓史(ピアノ)、郷古廉(ヴァイオリン)のソロ、川瀬賢太郎指揮神奈川フィルで聴かせる。公募で参加するアマチュアとプロの奏者が共演する「わくわくブラス!」が昨年に続き行われる(9/22)。海外からはセミョン・ビシュコフ指揮チェコ・フィルが登場、チャイコフスキー交響曲第5番とスメタナ「モルダウ」などを演奏する(10/20)。

〈小ホール〉
 視覚障がいのある演奏家と晴眼者の奏者とが、照明を消した暗闇の舞台でアンサンブルを聴かせる「ミュージック・イン・ザ・ダーク」(11/2)、第38回を迎える「横浜市招待国際ピアノ演奏会」(11/4)、ユニークなところでは邦楽とロック・ミュージシャンのコラボ「デーモン閣下の邦楽維新 Collaboration」(2020.1/25,1/26)、そして旬の音楽家と現代の音楽家の出会いを演出する「Just Composed 2020 in Yokohama 〜現代作曲家シリーズ」(2020.3月)も予定されている。

 なお、今年は3年に1度開かれる大イベント「横浜音祭り 2019」が9月から11月にかけて開催。横浜みなとみらいホールは主会場のひとつとなり、オーケストラ公演などが行われる。
 
横浜みなとみらいホール
http://www.yaf.or.jp/mmh/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]