第67回「尾高賞」が決定

藤倉 大
©Seiji Okumiya

 第67回「尾高賞」の受賞作品が、藤倉大の「Glorious Clouds for Orchestra」(2016/17)に決定した。

「尾高賞」は、NHK交響楽団専任指揮者であった故・尾高尚忠の生前の功績を讃え、邦人作曲家による優れたオーケストラ作品を顕彰するために1952年に同楽団によって創設された作曲賞。
 受賞作は微生物の世界を表現した作品で、名古屋フィル、ケルンWDR響など3楽団による共同委嘱。昨年11月にケルンで初演されている。

 藤倉は77年大阪生まれ。15歳で渡英し、これまでにロイヤル・フィルハーモニック作曲賞、芥川作曲賞など数々の作曲賞を受賞している。現在英国在住。今回の受賞に際して藤倉は「悩みに悩んで、1年近くかけて書いた作品。細菌の世界の話で、これに関してはかなりなレベルの研究をしました。こうして尾高賞をいただけるということで、なんだか救われたように感じます」と述べた。
 第67回「尾高賞」の贈呈式と受賞作品の演奏は、5月28日に東京オペラシティ コンサートホールで開催される「Music Tomorrow 2019」(ジュゼップ・ポンス指揮 NHK交響楽団)で行われる。

NHK交響楽団
https://www.nhkso.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]