大澤美穂(ピアノ)

セカンド・アルバムは憧れの作曲家ショパンの名作を集めて


 ピアニストの大澤美穂は桐朋学園大学、同大学研究科を経て、ブリュッセル王立音楽院を修了。ベッツィ・ディオングル賞ピアノコンクール(ベルギー)第1位や第10回園田高弘賞ピアノコンクール第2位をはじめ、国内外で多くの上位入賞を果たしている。幅広いレパートリーを活かした数々の企画リサイタルを開催するなど多彩な演奏活動を展開する彼女が、オール・ショパン・プログラムで自身にとって2枚目となるアルバムをリリースする。
「私にとってショパンは、小学3年生くらいの頃に『小犬のワルツ』を弾けるようになってから、“次はこの曲、次は…”という想いが今でも溢れ出るほど、ずっと憧れ続けている、大好きな作曲家です」

 英雄ポロネーズ、バラード第1番や舟歌など、名曲揃いのプログラムだ。
「この一枚を聴けばショパンの様々な魅力が伝わる…そんなアルバムにしたかったんです。ポーランドを愛したショパンのマズルカやポロネーズは必ず入れたかったですし、甘美さ、繊細さ、ドラマティックな一面…あらゆる面をお見せできたらと思っています。アルバムの曲順を決めるのが大変だったのですが、緩急をつけながら、自然な流れができればと思いながら選んでいきました」

 「舟歌」は今回特に収録したかった作品だという。
「小さい頃には気づかなかったショパンの新たな魅力が、この曲からたくさん見えてきました。ショパンは20歳のときには既に完成した作品を書いていますが、そこから様々な経験を積み、精神的に更に成熟していきましたよね。『舟歌』はそれが如実に表れている作品だと思います。病やジョルジュ・サンドとの関係の悪化に苦しんだショパンの、あらゆる想いがつまった作品ではないでしょうか。これを今の私なりの表現でお伝えしたいと思いました。たくさんの名演奏がある中、あえてこれらの名曲をCDにする意味はそこにあると思っています。これからも挑戦し続けていきたいです」

 日本で大学を卒業してからはベルギーで研鑽を積んだ大澤だが、なぜ留学先をベルギーにしたのだろうか。
「ある作曲家や国に特化するというよりも、様々な作品に取り組みたかったんです。ベルギーでは素晴らしい先生と出会うことができ、奏法や音色が大きく変わりました。この地で学んだことは今回のショパンにも大きく活かすことができたと思います」
 大澤のこれまでの歩みにも重なるように配置されたショパンの名曲たちを、美しく優雅なピアニズムで存分に堪能していただきたい。
取材・文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年4月号より)

CD『大澤美穂 Plays ショパン』
コジマ録音 
ALCD-7232
¥2800+税
2019.4/7(日)発売

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]