松本ピアノフェスティバル2019

聴いて良し! 弾いて良し! ピアノをとことん楽しむ音楽祭


 「感じる・弾く・観る・学ぶ・遊ぶ」をコンセプトに、ジャンルを超えた豪華アーティストたちが登場してのステージ、聴衆が参加してのイベントなどを通して、“楽器の王様・ピアノ”の魅力を多面的に掘り下げる、ユニークな音楽祭「松本ピアノフェスティバル2019」が4月29日、キッセイ文化ホールで開かれる。

 2015年、17年に続き、3回目の開催。メインコンサート「ピアノ・ザ・プレミアム」には、ドラマ『のだめカンタービレ』の吹き替え演奏を担当するなどマルチに活躍、今やバラエティ番組にも引っ張りだこの人気奏者・清塚信也が登場。ショパン国際ピアノコンクールで4位入賞を果たした俊英・山本貴志や、独自のグルーヴ感を紡ぎ出す兄弟デュオ「レ・フレール」も出演する。

 そして、山本京子&武田有賀デュオによるモダン・タンゴ、地元グループ「信州ジャズ」のライヴなどのほか、「猫ふんじゃった速弾き選手権」など参加型の無料プログラムも充実。パリ国立高等音楽院のイヴ・アンリ教授による講座や公開レッスンも開催される。また、プロアマ問わずショパン好きが参加して、ショパンの全212作品のうち何曲まで弾けるか挑戦する名物企画「みんなdeショパンマラソン」が今年も実施される。
 また、前日の28日には「前夜祭コンサート」と題して、テレビでもおなじみの“ブルー・アイランド氏”こと、青島広志のトークと演奏による「ピアノはオールマイティ(何でもできる)!」をはじめ、一昨年にクララ・ハスキル国際ピアノコンクールを制した藤田真央のコンサートなども開かれる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年3月号より)
※メインコンサート「ピアノ・ザ・プレミアム」では、清塚信也さん、レ・フレールさん、山本貴志さんが、それぞれ別々に演奏されます。3月号誌面の記載に誤解を招く表記がありました。関係者と読者の皆様にお詫び申し上げます。

前夜祭 2019.4/28(日) 
メイン日 2019.4/29(月・祝)
キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
問:松本ピアノ協会事務局080-4725-7785
※詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。 
http://pianofes.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]