2019年度武満徹作曲賞ファイナリスト決定

 1997年より始まり、2019年度で21回目を迎える武満徹作曲賞の譜面審査の結果が発表された。同賞は、毎年一人の作曲家が審査にあたるのが大きな特徴。19年はフィリップ・マヌリ(フランス)が審査員を務める。18年10月中旬から11月下旬にかけて譜面審査が行われ、世界31ヵ国・83の応募作品の中から4作品が選ばれた。19年6月の「コンポージアム2019」のなかで実施される本選演奏会でこの4作品が演奏され、受賞作が決定される。ファイナリストと作品名は以下の通り。

◎ツォーシェン・ジン(中国/1991年生):雪路の果てに
◎シキ・ゲン(中国/1995年生):地平線からのレゾナンス
◎パブロ・ルビーノ・リンドナー(アルゼンチン/1986年生):ENTELEQUIAS
◎スチ・リュウ(中国/1991年生):三日三晩、魚の腹の中に

武満徹作曲賞
http://www.operacity.jp/concert/award/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]