2019年度武満徹作曲賞ファイナリスト決定

 1997年より始まり、2019年度で21回目を迎える武満徹作曲賞の譜面審査の結果が発表された。同賞は、毎年一人の作曲家が審査にあたるのが大きな特徴。19年はフィリップ・マヌリ(フランス)が審査員を務める。18年10月中旬から11月下旬にかけて譜面審査が行われ、世界31ヵ国・83の応募作品の中から4作品が選ばれた。19年6月の「コンポージアム2019」のなかで実施される本選演奏会でこの4作品が演奏され、受賞作が決定される。ファイナリストと作品名は以下の通り。

◎ツォーシェン・ジン(中国/1991年生):雪路の果てに
◎シキ・ゲン(中国/1995年生):地平線からのレゾナンス
◎パブロ・ルビーノ・リンドナー(アルゼンチン/1986年生):ENTELEQUIAS
◎スチ・リュウ(中国/1991年生):三日三晩、魚の腹の中に

武満徹作曲賞
http://www.operacity.jp/concert/award/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]