大西宇宙がPremiereオペラ財団国際声楽コンクールで優勝

©Dario Acosta

 Premiereオペラ財団国際声楽コンクール(審査委員長:リチャード・ボニング)のファイナルが12月1日にニューヨーク市内で行われ、バリトンの大西宇宙が優勝した。大西は「ホロストフスキー特別記念賞」も受賞し、故人の夫人より賞を授与された。「感無量です。一位のみならず、心から敬愛し、目標としてきたホロストフスキー記念特別賞を受賞できたことは、憧れのバリトンであり、同じレパートリーを共有する者として非常に嬉しく思います」と大西は喜びを語った。大西はジュリアード音楽院卒業後、シカゴ・リリック・オペラに所属。2月には、カーネギーホールでシベリウス「クレルヴォ交響曲」のソリストを務めることになっている。

Premiere Opera Foundation
https://www.premiereoperafoundation.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]