大西宇宙がPremiereオペラ財団国際声楽コンクールで優勝

©Dario Acosta

 Premiereオペラ財団国際声楽コンクール(審査委員長:リチャード・ボニング)のファイナルが12月1日にニューヨーク市内で行われ、バリトンの大西宇宙が優勝した。大西は「ホロストフスキー特別記念賞」も受賞し、故人の夫人より賞を授与された。「感無量です。一位のみならず、心から敬愛し、目標としてきたホロストフスキー記念特別賞を受賞できたことは、憧れのバリトンであり、同じレパートリーを共有する者として非常に嬉しく思います」と大西は喜びを語った。大西はジュリアード音楽院卒業後、シカゴ・リリック・オペラに所属。2月には、カーネギーホールでシベリウス「クレルヴォ交響曲」のソリストを務めることになっている。

Premiere Opera Foundation
https://www.premiereoperafoundation.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]