サリーム・アシュカール(ピアノ)

ドイツの作品は、私にとって底なしの魅力があるのです


 べートーヴェンを中心に、バッハ、シューマン、メンデルスゾーン、ブラームスといったドイツ音楽への意欲的なアプローチを続けるサリーム・アシュカール。端然としてエネルギッシュ、かつ叙情的なピアニズムで聴かせるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会は、世界各地で賞賛を集める。2019年春、3回目の来日を果たす。
「日本の聴衆は、音楽家に対しても作品そのものに対しても、深い敬意を持ってくださいます。音楽家は日々、何時間もかけて繊細な響きを探求しています。細部を愛する日本の文化は、私たちが集中して行っていることを受け入れてくださり、嬉しく思います」
 19年3月31日にはインバル指揮、都響との共演で、ベートーヴェンの協奏曲第1番を演奏する。
「若き日のベートーヴェンの瑞々しいエネルギーに満ちた作品です。ベートーヴェンに特徴的な挑戦的・革新的な書法よりも、明るくて歌うような性質をもった協奏曲ですね。温かさやユーモア、揺れ動く心模様も感じられます。緩徐楽章はピアノとクラリネットの美しい対話があり、私がとりわけ大好きな楽章です。第3楽章は舞曲的な楽しい曲想です。これ以上何も付け加えるべきものはない、完璧な協奏曲です」
 同郷イスラエル出身のインバルとは初共演を果たす。
「私がベルリンで学生生活を送っていた頃、彼はベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の指揮者でしたので、何度も演奏を聴きました。構造をしっかり感じさせながら、どんな大編成の音楽も力まずに、とても自然な音楽づくりのできる偉大な指揮者です。ようやく共演が叶います」
 2日後には得意のドイツ作品によるプログラムでソロ・リサイタルを行う。冒頭と終わりにベートーヴェンのソナタを、その間にブラームス、シューマンを置いた。
「ツアーなどで5、6回連続して弾くと正直『もう充分』と思ってしまう作品はありますが、ドイツの作品は、私にとって底なしの魅力があります。ベートーヴェンやブラームスのソナタには、無数のレイヤー(層)があり、極めれば極めるほど、新しい魅力と出会うことができます。解釈の違いというのではなく、音楽そのものに尽きることのない意味があるのです。
 今回はベートーヴェンのソナタから、最初に3番を、終わりに26番『告別』を弾きます。初期と、後期に差し掛かる頃のソナタを聴き比べていただきます。その2作の間に、ベートーヴェンの後継者である二人を置きました。シューマンとブラームスは私生活で密接な関わりのあった作曲家です。それでいて音楽的には対照的な二人でもあります。そんな彼らに対し、ベートーヴェンがいかに強い影響を与えていたかを、このプログラムを通じて感じ取っていただければと思います。
 ブラームスは、最近私がとくに好きな『2つのラプソディ』。とにかく今弾きたい! と思う作品です。シューマンは『子供の情景』を。人生のさまざまな局面を経験した大人の目線から、子供の遊び、夢、驚きに満ちた眼差しをポエティックに描いたユニークな作品です」
 アシュカールは現在、音楽を通じた人道支援や、音楽教育のサポートにも力を入れている。
「ベルギーの『ミュージック・ファンド』では、世界中の紛争地域や発展途上の子供たちのために、寄付を募って楽器を提供しています。ベルリンでは難民の子供たちに音楽教育の機会を提供し、レッスンやワークショップを行い、トラウマを抱えた子供たちにセラピーも実施しています。故郷のナザレでは、音楽院レベルで、1万人の子供たちを対象に大規模な教育支援を行っています。ピアニストとして、社会との関わりを失ってはいけませんし、社会情勢に目を背けることはできません。私個人にとっても重要な活動として、自分にできることを探っています」
 繊細な演奏のみならず、社会を俯瞰する視点からも音楽文化に情熱を捧げるアシュカール。彼の深く美しい音楽に、じっくりと耳を傾けたい。
取材・文:飯田有抄 写真:青柳 聡
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【Profile】
22歳でカーネギーホールにデビュー。これまでに、ウィーン・フィル、イスラエル・フィル、シカゴ響、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ベルリン・ドイツ響、ロンドン響や、メータ、バレンボイム、ムーティ、ルイージ、エッシェンバッハ、ズナイダー、インキネン、フルシャ等の指揮者と共演している。シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管とはBBCプロムスやルツェルン音楽祭にも登場し、デッカ・レーベルよりメンデルスゾーンのピアノ協奏曲2曲をリリース。現在、デッカでベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音プロジェクトが進行中。

【Information】
エリアフ・インバル(指揮) 東京都交響楽団第875回 定期演奏会Cシリーズ
2019.3/31(日)14:00 東京芸術劇場 コンサートホール
問:都響ガイド0570-056-057 
https://www.tmso.or.jp/

リサイタル
2019.4/2(火)19:00 浜離宮朝日ホール
問:パシフィック・コンサート・マネジメント03-3552-3831
http://www.pacific-concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]