ムジカ・レアーレ(室内楽アンサンブル)

コンセルトヘボウ管のエッセンスが凝縮されたサウンド

 世界最高峰の演奏で触れる、“真の音楽”の愉悦―。「ムジカ・レアーレ」は、オランダの名門、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーで構成されるアンサンブル。2日にわたる東京公演では、誰もが知る傑作から知られざる佳品まで、三〜五重奏の多彩な編成による様々な時代の作品を紹介し、室内楽の醍醐味を伝えてくれる。
 130年の歴史を誇る名門楽団から、取り上げる作品に応じ、メンバーを選抜して組織される「ムジカ・レアーレ」。そのサウンドは、まさにコンセルトヘボウ管のエッセンスと言えよう。今回は、首席オーボエ奏者のイヴァン・ポディオモフら木管楽器から3人、第1ソロ・ヴィオラ奏者の波木井賢(はきい・けん)ら弦楽器から5人、計8人の名手が参加する。
 来日公演には、2つの異なるプログラムを用意。第1日では、モーツァルト「オーボエ四重奏曲」とブラームス「クラリネット五重奏曲」という2つの名曲に、ドイツ人ながらオランダで活躍したユリウス・レントゲンの「弦楽三重奏曲第14番」や、チェコ出身のエルヴィン・シュルホフの木管楽器のための「ディヴェルティメント」と20世紀の作品を挟み込む。
 一方、第2日は、ベートーヴェン「弦楽三重奏曲 ハ短調」とメンデルスゾーン「弦楽五重奏曲 イ長調」に、ブリテンの初期の傑作「幻想四重奏曲」やイベール「木管三重奏のための5つの小品」、プーランク「クラリネットとバスーンのためのソナタ」を組み合わせて。いずれのプログラムも、まさに時空を超えた「古今の室内楽の傑作選」。初心者からマニアまで、楽しめるはずだ。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年10月号より)

第1日 2018.11/20(火)19:00
第2日 2018.11/21(水)14:00
浜離宮朝日ホール
問:朝日ホール・チケットセンター03-3267-9990 
http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]